業界スコープ

3月6日(2012年)

今日は3月6日、筆者にとってはあれから(誠明学園に入って)数えて28年に
なります。
昨年はこの日から5日後(11日)には東北地方では未曽有の災害と言うべき
東北地方太平洋沖地震が発生し、大津波の発生によって多くの方がお亡く
なりになられたり、福島第一原子力発電所では大津波によって非常電源が
失われてメルトダウンと合わせて水素爆発を起こして大量の放射性物質が
放出された事により、今現在でも福島県の住民の皆様は関東地方を含む
全国各地に分散する形で避難を続けております。
ですが、この国家の非常事態というべき事態の最中にお役人は被災地の
役場の建物から白昼堂々と公用回線で個人が運営しております当ブログ
グループの記事を違法閲覧するなど相変わらずの蛮行ぶりを行っているのは
事実であります。
話がそれてしまいましたが、昨年1年の誠明学園の業界を見回してみますと、
相変わらず昭和の時代の悪い伝統が平然と続いているのは事実であります。
昨年は元B5職員で現在B2に在籍しております今村里佳によるOB生徒や
当編集部に対する言論統制と恫喝というべき誹謗中傷が行われたことから
異例の抗議声明をFAXで発送する事態になりましたが、未だにOB生徒や
編集部に対して東京都と誠明学園と加害者本人からは謝罪の言葉も
なく逃げ回っているのは事実であります。
そして、一部のOB生徒が当ブロググループを閉鎖しろと一方的に騒いだ
挙げ句に某SNS等において誹謗中傷と脅迫じみた行為を行っている事も
編集部では確認をしております。
ですが、当編集部は脅迫や言論弾圧に対しては日本国憲法に則って
毅然と戦う方針には変わりはなく、本物の実話の事実に基づいた記事に
おいて対抗していく方針であります。
こういったくだらない争いをする前に東京都と誠明学園は過去に行った
生徒に対する暴力虐待嫌がらせ等の行為について正式な謝罪をした上で
賠償をするべきものは賠償を行い、トラウマやPTSDで苦しんでいる生徒に
対する償いを行って過去を清算し、暴力虐待が撲滅して生徒が
安心して生活ができる誠明学園を築くべきであると筆者は思います。

今後も当編集部では施設内暴力虐待追放と児童相談所による拉致被害等
違法行為の撲滅に向けての活動に邁進して参りますのでご声援を賜ります様、
よろしくお願い申し上げます。


                              2012年3月6日

                                   業界スコープ編集部
                                   業界レーダー編集部
                                   公用回線ウォッチャー
                                    編集長 業界のフォーカスマン


関連記事

2012/03/06(火) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/933-1b5d429c
 |  HOME  |