業界スコープ

初めての電子レンジ

筆者一家が新宿に移転したと同時に筆者宅では画期的なことが
あったことを覚えております。
それはと言いますと、ズバリ電子レンジだったのです。
この電子レンジですが、大家さんが置いて行ってくれたものなのですが、
筆者の家庭にこの電子レンジが入って来たことはある意味で革命的な
出来事であったのは事実であります。
なぜかと言いますと、当時は電子レンジとビデオデッキは10万円を超える
高額商品であり、なかなか庶民が手を出せなかったこともあり、筆者宅には
なかったのは事実でありますが、まさか手元にまで来たことに驚きを
隠せなかったのは事実であります。
新し物好きな筆者はさっそくどのぐらい便利なのか試すべく近所にあるコンビニへ
行き、カレーライスを買って試した事を覚えております。
短時間に調理ができて便利ではありましたが、この機械は年代物のせいもあり、
温めることしかできませんでしたが、筆者宅では大活躍したのは事実であります。

今や一家に1台の時代にはなりましたが、高額商品であった電子レンジですが、
時代と共に低価格化し、それに対応した食品も多くなり、食生活に大きな影響を
与えたのは事実であります。

時代の変わりを感じたのは言うまでもありませんが、時代はバブル経済が真っ盛りで
あり、筆者はこのバブル経済の時代を背景に様々ことを新宿の地において展開して
いくことになったのは事実であります。


関連記事

2012/02/26(日) | 生活/筆者の身の回り編 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/929-8635357c
 |  HOME  |