業界スコープ

総覧の編集作業

今回、編集部では総覧の制作を行っておりますが、どのようにして作業を
進めているのかを探ってみたいかと思います。
今回はその編集の現場で活躍するソフト等の模様をレポートしたいかと思います。

編集部:今回の総覧の作成についてかなり高度なテクニックを使っている
      とのことですが、どのようなテクニックなのでしょうか。

筆 者:かつて印刷の仕事の際に編み出したファンクション(組版言語)ならぬ
     HTML言語の埋め込みを大量に高速に行う必要があり、昔取った杵柄(きねづか)
     とでも言いましょうか、数々の裏技を駆使しております。

編集部:どのような技でしょうか。

筆 者:今回は昔に比べてソフト等もフリーで使いやすい物が出回っているおかげで
     かなりラクにはなりましたが、最終的には人手によるバッチ処理をしております。
     バッチ処理こそ、アナログ的ではありますが、データを素早く作成するコツで
     もあります。

編集部:使用しているソフト(道具)は何をお使いですか?

筆 者:使用しているソフトは以下の通りです。

メモ帳 コピー
Microsoft メモ帳 

OASYS画面1 コピー
富士通OASYS Ver.8(Windows版)

テキスト変換ソフト コピー
Text-SS(フリーウェア Yamashita-Y氏)

     それぞれのソフトの役割ですが、
     1番目のMicrosoftメモ帳はブラウザからのソースコードの抜き出しと文字データの
     一時退避に使います。

     2番目の富士通OASYSですが、筆者が誠明学園を昭和63年に卒業してからの
     付き合いになりますが、当時はワープロ専用機で価格も50万円を超えるシロモノ
     でしたが、時代が進むにつれて筆者もワープロ専用機からパソコンへシフトして
     行きましたが、このソフトは他のワープロ専用機やソフトにはない独自の機能が
     あり、今でも今回の総覧の編集や公用回線で個人のブログを違法閲覧する
     お役人に対する警告書を作成したり、各種その他文書を作成する上で
     手放せない存在であります。

     3番目のText-SSですが、今回の作業のためにテキストコードの変換のために
     探し出したソフトです。
     最初は使いにくいかなぁと思っていましたが、使ってみますと改行コードを
     変換対象にできたり、変換テーブルの機能がワンタッチで使いやすいため、
     今回の作業で使用することにしました。

今回はちょっとコント風のレポートを書きましたが、筆者は今回の作業において
これらのソフトを駆使して作業を進めております。
次回の記事で編集作業の模様をお伝えします。





本日は、仕事が早く終わりましたので、画面をキャプチャーして記事を
書くことが出来ました。
ちょっと疲れましたので、この辺にしておきますが、総覧の編集作業は
刻々と進んでおります。
本業の仕事との兼ね合いや取材等が予定されておりますが、できるだけ
早く作業を完成させたいかと思います。





関連記事

2011/10/06(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(1)

«  |  HOME  |  »

平和党

『』

業界スコープさん、こんばんは。 もう一声、言わせて下さい。(お役人は、自分の仕事に責任感を持ち、国の為に、仕事しろ!)ありがとうございました。

2011/10/08(土) 18:40:21 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/856-1c3e5ac7
 |  HOME  |