業界スコープ

8月6日(2011年)

1945年(昭和20年)8月6日と言えば世界中が忘れる事が出来ない
事として人類が戦争に核兵器を実戦で使用した日であります。
第二次世界大戦においてアメリカ合衆国は広島市の上空において
世界初の原爆を(リトルボーイ・ウラン型)投下し、一瞬にして広島の町を
廃墟にしました。

あの日から今年で66年を迎えました。

この66年という時間の間に原爆は多くの方の命を奪い、人それぞれの
人生を狂わせたのは事実であります。
一部では、戦争を早く終結させるためにはやむを得なかったと論する者が
おりますが、原爆で被曝された方は66年経った現在も後遺症に悩まされている
のも事実であります。
悪いことに今年は3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生し、福島第一原子力
発電所がロシア(旧ソ連)のチェルノブイリ原子力発電所の事故を上回るレベルの
壊滅的な損傷を受け、原爆と同様に放射能問題と電力不足に見舞われております。
そして福島第一原子力発電所の周囲の住民の皆様は未だに自宅に戻ることも、
震災によってお亡くなりになられた方の捜索も進んでいない状況であります。
日本は原爆問題だけでなく、世界最大規模の原子力発電所の事故と重なり、
大きな痛手を受けたのは事実であり、放射能の被曝者が新たに増えるという
未曽有の状況(原子力発電所事故によって)であります。
原爆にしても原子力発電所にしても一番の問題は残留放射能であり、半減する
までに何十年・何百年という膨大な時間が必要であり、改めて放射能の恐怖を
日本は思い知らされたのも事実であります。

話が少しそれてしまいましたが、改めて筆者としましては、この原爆によって
お亡くなりになられた方に対して哀悼の意を表すると共に、世界の平和と安全を
祈りたいかと思います。

                               2011年8月6日

                                  業界スコープ編集部
                                  業界レーダー編集部
                                  公用回線ウォッチャー

                                  編集長 業界のフォーカスマン


関連記事

2011/08/06(土) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/803-66e07e91
 |  HOME  |