業界スコープ

今月の総論(2011年7月)

今日は7月31日です。
今年の夏は昨年に比べて涼しいような気がします。
今年は3月に発生した東北地方太平洋沖地震の影響もあり、何となく
寂しい夏という感じがしてなりません。
定例の今月の総論として今月一ヶ月の動きを振り返ってみることに
したいかと思います。

公用回線問題
不届き者の東京都の第三セクター会社に対して警告書をFAXで発送
すると共に抗議電話及び抗議キャンペーンを展開しました。

7月1日に東京都の第三セクター会社の株式会社ゆりかもめ公用回線
公用回線ウォッチャーに対して短時間に連続してのアクセス攻撃を行った
事から、編集部では株式会社ゆりかもめだけでなく、親会社の株式会社
東京臨海ホールディングスと東京都に対して警告書をFAXで送信すると
共に株式会社ゆりかもめに対して抗議電話を掛ける事態になりました。
この時の通話の模様は既に録音してありますが、電話の中で総務の
社員が放った言葉「お電話を後で差し上げます」と言ったきり、本日
現在も編集部に対して未だに回答をしていないのは事実であり、
憤りを感じているのは事実であります。
いい加減に東京都と第三セクター会社はこの国家の非常事態をどのように
考えているのか頭の中身を見てみたいと筆者は思っているのは事実です。

スーパー問題職員YA問題
読者の電話対談によって未だに反省をしていないことが判明しました。
今月下旬の話でありますが、ある読者の方がスーパー問題職員YAと対談した
というご連絡が編集部にありました。
読者の方のお話によりますと、スーパー問題職員YAは一連の田無事件の
事を「昔のことだから」という発言をしたことにより、事件があったことを認める
という墓穴を掘っただけでなく、対談の中でスーパー問題職員YAは自身が
行ってきた生徒に対する暴力や虐待問題について追求した読者の方に
対して「逆切れ」をしてみたり、「お宅さんに話す筋合いはない」と開き直って
いることから未だに全く反省していないことが判明したのは言うまでもありません。
スーパー問題職員YAの無反省とも取れる読者の方に対する失礼極まりない
行動に対して編集部では、抗議キャンペーンを展開しました。
あの、平成22年1月の武蔵野学院での会議の際のNPO法人の理事長に詰問
された際の「反省してます、反省してます」のあの態度は何だったのか筆者は
未だに??の状態であります。

社会
電力の大口需要家に対して37年ぶりの電力使用制限令が発令されました。
今年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震によって東京電力
福島第一原子力発電所が壊滅的な損傷を受けたことにより、電力需要が
逼迫していることから、政府は電気事業法27条による電力使用制限令を
発令する事態になりました。
しかしながら、政府機関や東京都や第三セクター会社は個人が運営する
当ブロググループに対して白昼から堂々と公用回線で頻繁に閲覧攻撃を
したり、ネット工作員会社を使ってGoogleの検索順位を操作するなど、
悪質極まりない行為を展開しているのは事実であります。
経済産業省にはこういった無駄な電力を使用している官庁に対して
電気事業法に基づく罰則を課すべきだと筆者は思います。

頻発する余震とみられる地震
先週あたりから、宮城県や福島県沖で深夜に震度5を観測する余震と見られる
地震が発生しております。
昨夜も3時台に関東地方も震度3の震度を観測しました。
ちょうど、筆者は某大手コンビニの仕事が終わり、早朝からの家具の配達の
準備のため、取材カーで仮眠を取っておりましたが、先週も地震で叩き起こされた
ことを覚えております。
こうした深夜や早朝等人が寝静まっている時の地震はかつての阪神淡路大震災の
以来かと思いますので、おやすみになる前に万一に備えて寝ている場所から危険な
物を移動するなど、常に安全な状態にしておくべきかと思います。

地上アナログ放送の終了
7月24日東北地方太平洋沖地震の被災3県を除く日本国内における地上アナログ
放送が終了しました。
アナログ終了TBS
 写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。
(写真は筆者撮影)

ご覧の写真は放送終了後に筆者が撮影したものでありますが、長いアナログ放送の
時代が終了したなあという印象を受けました。
時代はデジタル放送へと移行しましたが、新しい時代の幕開けですので良い番組を
これからも提供して頂ければと筆者は思います。

筆者・編集部
忙しい状況が続いております。
今月上旬から筆者は本業の会社を変わったことから昼夜問わず忙しい状態が
続いております。
この記事が書き上がったらすぐに寝ないと明日早朝からの宇都宮での配送が
間に合わない状況下であるのは事実でありますが、この編集部を維持することは
筆者にとっては読者の皆様のための義務であるのは言うまでもありません。
この忙しい状況下でありますが編集部を維持し、皆様のお役に立てる記事で
皆様のお役に立てる様に努めて参りますので、今後ともよろしくお願い
申し上げますと共にご声援賜ります様、お願い申し上げます。


今月は筆者にとっては激務な一ヶ月だったと思います。
これに負けずに執筆して参ります。
皆様も、これから暑くなることが予想されますので、熱中症や食中毒に
気をつけて楽しい夏をエンジョイして頂ければと思っております。


関連記事

2011/07/31(日) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/800-647cf8c5
 |  HOME  |