業界スコープ

【無駄な労力を】筆者の目は節穴ではありません Part2【被災者に向けろ】

前回の記事でお伝えしましたが、公用回線での違法アクセスは以前に比べて
かなり減少していることが最近のデータ解析において判明しておりますが、
一部で一般回線を使って悪あがき的な行為を行っている者や不正Proxyを
使ってIPをごまかしている者が依然としているのは事実であります。
今回は悪あがきの模様をアクセス解析システムの画面から見破ることに
したいかと思います。

ムダな労力を使って公用回線ウォッチャーに対して
違法アクセスをしている(地方公務員法33・35条違反)
兵庫県芦屋市役所公用回線のケース
検索ワード解析
画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

ご覧の画像は本日、公用回線ウォッチャーに対して公用回線で違法アクセスを
行った兵庫県芦屋市役所の画面です。
この参照元URLはGoogleから検索した結果のURLを別ブラウザに貼り付けて
検索ワードを隠してアクセスしておりますが、検索ワードはすでに解析されております。
検索ワード:221.186.171.250
解析方法ですが、
  ・画面左にあります①の「検索語句」をクリックします
  ・「参照元検索語句」が表示され、検索語句が表示されます。
  ・②にあります検索ワードの前にあります#を押しますと、別画面が開き、
   アクセス者が表示されます。
この操作によって検索語句は判明しました。

別画面にありますホスト名がIPアドレスになっておりますのでJPNIC公用回線
ウォッチャーや編集部のコンピューターにあります公用回線一覧を検索しますと、
一発で公用回線かそれ以外の回線かはすぐに判明します。

チェックリスト JPNIC.jpg IPひろば
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画面でご覧頂けます。

そして参照元の箇所にありますURLの部分をクリックしますと、無駄な労力を使って
コピーして貼り付けたURLが(別名・コピペと言います)表示され、別ブラウザが開き、
別ページに移動します。

クリックした後の画面
芦屋市役所が違法に閲覧しようとした公用回線ウォッチャーの該当URLのページです。
公用回線ウォッチャーは有料化されておりますので閲覧できなかったのは言うまでもありません。
画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


以前の記事で「筆者の目は節穴ではない」ということを書きましたが、こんなに簡単な
手段で容易に見破られるくだらない労力を使ってまで個人が運営するブログを
白昼から公用回線で閲覧する労力があるのであれば福島の第一原発の復旧の
手伝いや岩手や青森等の被災地でがれきの撤去や片づけや警察や自衛隊の
手伝いをするなど被災者のためになることに労力を使うべきだと筆者は思います。

もう一度お役人にはここを読んでよく考えろ!としか
言いようがないのは事実でありますが、筆者は呆れたの一言に尽きます。
東北地方太平洋沖地震という未曽有の国家の非常事態の復興と福島第一原発
復旧について考えるべきだと筆者は思います。


関連記事

2011/06/15(水) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/770-575cefa6
 |  HOME  |