業界スコープ

関東でも震災の影響が出ております。

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震から1ヶ月以上になりましたが、
ここのところ、関東地方においても影響が出始めております。
本来であれば空調の仕事がメインな筆者ではありますが、今月に入り、大きな
余震と思われる地震も2度も起きており、予定されていたある仕事のめどが
立たない状況下で仕事が激減しており、会社が非常事態的な状況になって
おります。
そのため、会社で社長と筆者と仲間との話し合いの席がもたれ、非常手段と
して社長の知り合いの解体業者の仕事をしている状況であります。
それだけでなく、現在、商品であるエアコンも一部メーカーでは新規発注分が
受けられない状況になっており、取り付けるための資材も不足ぎみで価格が
高騰し、一部では販売制限が設けられている次第であります。
今回の震災は日本の産業そのものに大きな傷跡を残し、今現在でも被災地で
あります岩手・青森・福島では避難所生活などを強いられている状況であります。
そして福島原発では復興へ向けて作業員の皆さんが放射能という恐怖に立ち
向かって事態の収拾にご尽力されております。
この国家の非常事態とも言える状況下で、お役人はこの震災を他人事にしか
考えてないことが行われたり、不謹慎発言や増税だなんていうバカな発言が
マスコミを通して報道されております。
そして、民間の救援隊の方が行政よりマシだという話が出始まっている等の
報道や福島原発事故の被災者の方からは東京電力に対する仮払金についての
不満も聞かれるなど、被災地では行政等に対する支援についての問題が次々に
出始まっているのも事実であります。
日本の政府には地方自治体と併せてもう少し被災者のためになる努力をして
頂きたいかと思います。

この未曽有の事態から脱却するためにも筆者及び編集部としましては微力では
ありますが、皆様のお役に立てる情報で応援したいかと思います。
関連記事

2011/04/21(木) | 震災・災害等 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/737-d8b5f2a0
 |  HOME  |