業界スコープ

卒業式(昭和63年) その2

5分の休憩を挟んで、11:45からは「在籍校卒業証書授与式」が行われます。
これはと言いますと、在籍していた中学校から卒業証書の授与が行われ、
卒業証書が手渡されるのであります。
先程の誠明学園の卒業式程豪華ではありませんが、時間を短縮するため
行程が大幅に削減されております。
11:45の開始の言葉が終わりますと、すぐに先程の順番で在籍校の
卒業証書が在籍校の校長もしくは担任や代行職員の手によって
手渡されるのです。
筆者もご多分に漏れず、国立市立第二中学校から担任の先生が来ており、
卒業証書が授与されました。

国立2中証書_公開
在籍校から授与された筆者の卒業証書。
画像をクリックするとも大きな画像でご覧頂けます。


卒業証書授与が全て終わりますと、「激励の言葉」「卒業生保護者挨拶」等のスピーチが
あり、12:30に閉会となります。
そして、卒業生は会場から退場し、在籍校の先生と保護者との面談のため、各クラスの
教室に戻ります。
面談時間は30分しかありませんので手際良く保護者や在籍校の先生や児相の担当などに
挨拶をするために忙しく動きまわる一方で、下級生たちは卒業生や関係者が退出した後、
後片付けとしてブルーバーナーストーブの引き上げる準備とイスの片づけ等会場の片づけに
追われます。
この時ばかりは会場内が戦場と化します。

卒業生は13:00までの面談を行ったとなり、一旦、下級生と共に寮に戻ります。
その一方で保護者は短い時間で昼食を済ませ、クラス担任は2F教室において在籍校・
保護者との懇談会に15:00まで追われることになります。

この段階で誠明の業界は新年度に突入し、3年生は一切仕事には手を出しません
ので後釜の中2の長老クラスの人間が(当時のB1で言いますと手〇のオヤジ)指揮を
取って以後、寮内を稼働させることになります。
食事が終わりますと、しばらくして卒業生の退園の挨拶になる場合があります。
ほとんどの寮では夕方近くになってからになる場合が多いのも事実です。

卒業生は食事後に再び公務室に呼ばれて話をする以外は誠明を出るための最終的な
片づけを行ったり、先日のお買い物で購入した衣類に着替える等の誠明を出る準備に
とりかかるのであります。


・・・誠明学園を退園し、社会へ巣立つ
                 筆者の社会での生活の始まり・・・


15:00過ぎに保護者懇談会が終了した位の時間で筆者とテ〇サスJO君は公務室に
呼ばれました。
そして誠明を巣立つに当たり、最後の挨拶が行われました。
そして、筆者は最後の挨拶の中で残る者に対して「がんばってほしい」旨の事を
言った覚えがあります。
筆者の場合は親が迎える順番が早かったこともあり、同時にテ〇サスJO君と一緒に
寮を後にする事になりました。
時間にして15:30位だったかと思います。
寮を出てから、本館の事務所へ行き、園長・部長・課長・係長などお世話になった方
への挨拶回りに行きました。
そして16:00近くになり、誠明学園の正門を地上げ屋職員YAの車でテ〇サスJO君と
共に後をにしました。
偶然なのですが、同時に2人もいたことと、筆者の荷物が大きいために、小作駅まで
地上げ屋職員YAが車で送ってもらえることになりました。
駅前の誠明学園御用達の洋菓子店「コトブキ」(現・閉店)において筆者は重い荷物を
発送しました。
荷物の重量が20Kgを超えておりましたのでヤマト運輸ヤマト便を利用することに
なりました。

発送を終え、小作駅から電車に乗り、帰宅の路に入りました。

途中の昭島駅で筆者とテ〇サスJO君と別れ、筆者は昭島で西武鉄道に乗り換え、
田無の自宅を目指しました。
そして18:00頃、自宅へ到着し、あっと言う間の1日は終わりました。

自宅の布団の中で筆者の胸中には誠明学園での4年という長い時間の中で起きた事が
走馬灯のように目の前に浮かんできたことを覚えております。
筆者はこのようにして本日、誠明学園を出たわけでありますが、この後すぐに誠明学園を
巡る事件がすぐ目の前で起こる事になるのです。

そして時代は昭和63年の社会の中での生活が今、スタートし、
ここから筆者は波瀾に満ちた人生の始まりとなります。


戻る
関連記事

2011/03/23(水) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(5)

«  |  HOME  |  »

カリメロ39

『』

はじめまして。
誠明学園、平成元年度、卒業生です。
自分も
筆者と同じで、B1でした。
すごく懐かしく読ませて頂きました。

2013/11/04(月) 02:29:47 | URL | [ 編集]

業界スコープ編集部

『コメントを頂き、ありがとうございます』

カリメロ39様

業界スコープ編集部の編集長の業界のフォーカスマンです。
この度はコメントを頂き、ありがとうございます。
文面で平成元年のB1とのことですので、私のことは
お分かり頂けるかと思います。
B1関係者もメンバーにいますので、一度ご連絡頂ければと
思います。

連絡方法
このコメント欄に連絡先を記載の上で
管理者にだけ表示を許可するにチェックを入れて投稿
する

FAX(03-6385-1788)

メール
gyokaiscoop▲gmail

連絡フォームを利用する

事でコンタクトが取れますので、よろしくお願い
申し上げます。

2013/11/04(月) 20:46:30 | URL | [ 編集]

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/11/04(月) 22:17:29 | | [ 編集]

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/11/04(月) 22:20:04 | | [ 編集]

業界スコープ編集部

『No title』

投稿者の方へ

先程の投稿でのメールアドレスに送信ができませんでした。

お手数ですが、編集部のメールに空メールの
送信をお願いします。

gyokaiscoop@gmail.com

2013/11/05(火) 00:09:52 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/715-afd5688a
 |  HOME  |