業界スコープ

最後の特別なお買い物(昭和63年)

昭和63年3月、卒業式を間近に控えた誠明の業界では3年生は誠明学園を
退園に備えるために正訓費とは別に最後の特別なお買い物をいつもの正訓で
おなじみの河辺の西友に繰り出して買い物をしたことを覚えております。
このお金は東京都から卒業祝いとして特別に3万円ほど支給されます。

このお金で何を買うのかと言いますと、退所時に着る衣類や靴などや生活に
必要な用品等を買い求めるのです。
このお金で筆者は何を購入したのかと言いますと、筆者宅は田無に引っ越した
こともあり、筆者の物が何もない状況であり、衣類をしまう場所がないために
最初に衣装ケースを2つ購入しました。
この衣装ケースの他に靴や衣類や下着等を購入したことを覚えております。
実を言いますと、この衣装ケースは現在も編集部にあり、資料などをしまう
場所として活躍しております。

この特別なお買い物はこれから社会に出るに当たって必要最小限の準備をしたまで
に過ぎなかったのは言うまでもありません。
残すは卒業式と退園という重大な節目を迎えることになりますが、最後まで気が
抜けなかったことを今でも筆者は覚えております。
関連記事

2011/03/21(月) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/712-bffb332a
 |  HOME  |