業界スコープ

修学旅行最終日(昭和63年)その6

コトブキ陶春での絵つけはあっと言う間に終わりましたが、
スーパー問題職員YAの不謹慎発言にあった「バイク」「ヨーラン」の
絵を書く者がいなかったのは事実であり、皆が大人としての自覚が
あるからこそ不良の絵を書くはずがなかったのは言うまでもなかった
ことを覚えております。

11:35にコトブキ陶春を出発し、嵐山に向かいました。
嵐山
ガイドブックです。画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

嵐山には12:30に到着し、皆で河原に降りて風景を楽しんだ事を覚えております。
3Aはここでも記念スナップを撮影しました。

渡月橋
生徒の肖像権保護のため、画像に修正を施してあります。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


この後、近くの食堂で食事をし、最後の目的地であります金閣寺に移動しました。
金閣寺には13:50に到着しました。

修学旅行_23 コピー
ガイドブックです。画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

金閣寺
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

この金閣寺ですが、筆者の覚えによりますと昭和62年に修復が完了した
ばかりで純金そのものだったことを覚えております。
実はみやげ物に金閣寺の肖像画を購入しましたが、紛失してしまった
のですが、この写真を見るだけでも当時のことが思い出されます。

ここでの見物をもって修学旅行の行程は終了となり、14:50分のひかり302号で
誠明学園への帰路となります。
誠明学園には定刻の20:00に到着し、修学旅行の全行程が終了しました。

修学旅行_24 コピー   修学旅行_25 コピー
画像をクリックすると、大きな画面でご覧頂けます。

そして、当日夜から翌日にかけて修学旅行の後始末が各寮では行われ、
いつもの慌ただしい毎日に戻ります。
そして3年は「部活の引退」と「卒業式」という行事が残っております。
残り少ない誠明の業界での生活もあと残りわずかになったのであります。

筆者にとって最初で最後の修学旅行は途中でユー〇ャンとの小競り合いの
トラブルはありましたが、最後まで大きなトラブルがなかったこともあり、
成功に終わりました。
生徒の実行委員会の皆様の尽力には23年経った今でも敬意を評したいかと
思います。
本当に思い出の残る旅行でした。

こういった感動の旅も時にはいいなぁと思ったのも事実であり、時間があれば
もう一度奈良や京都方面に足を延ばしてみたいかと思います。

戻る
関連記事

2011/03/05(土) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/699-8088162f
 |  HOME  |