業界スコープ

修学旅行1日目(昭和63年)その1

今日は修学旅行の1日目となります。
朝4時に起床し、身支度をしてから本館前に集合します。
かつての臨海教育のような遅刻をする職員や生徒はいませんでした。
時間は5:40分になり、皆が揃いましたので園長先生に出発の挨拶をしてから徒歩で
小作駅へ向かいます。
駅までの道のりの道中で筆者は早朝のすがすがしい空気を感じたのは言うまでも
ありませんが、修学旅行が現実となって進み始めた事を覚えております。
まずは、小作から新幹線に乗るためには小作から6:06の青梅線で立川まで移動する
ことになります。
この時間帯は東京まで直通電車がありませんので、立川まで行き、中央線に乗り換えて
東京駅を目指します。
電車は都心方面に向かうにつれて、混雑してきますが定刻の7:45に東京駅に着き、
筆者も初めてでありますが、8:00東京発のひかり3号で一路、名古屋を目指します。
新幹線の車内には鉄道唱歌の音楽が鳴りはじめ、車掌さんのアナウンスで
到着時刻などの説明が行われます。
 
左側:鉄道唱歌(詰め合わせ)           右側:遠くへ行きたい(ジェリー藤尾のオリジナル曲)
尚、「遠くへ行きたい」のオリジナル歌手はジェリー藤尾であり、有名な加藤登喜子はカバー歌手となります。
試聴されたい方は動画をクリックすると再生が始まります。


そして車内では朝食が配られ、名古屋まで目指すことになります。
進行方向右側3列シートになりますが、左からユー〇ャン・筆者・B2のAI君の座席の列
になっております。
新幹線内では外の景色を楽しんだり、ゆっくりしておりましたが、9:52に名古屋に
到着し、10:30分発の近鉄ビスタカーに乗り換え、大和八木を目指します。
名古屋の手前で信号等のトラブルがあり、電車は少し遅れて到着したことを覚えて
おりますが、筆者にとってはこの名古屋から大和八木までの区間は最悪の一言
だったことを覚えております。
それはと言いますと、筆者の隣にはあの問題発言やかつて社会科見学でつねる
傷害事件
を起こしたあのスーパー問題職員YAがいたからなのであります。
最悪以外の何者でなく、恐怖を覚えたことを覚えておりますが、おとなしく寝ていてくれた
ので筆者の内心はホッとしましたが、恐怖の時間であったのは言うまでも
ありませんでした。
そして電車は12:40分を少しまわったあたりで、大和八木駅に到着しました。
そして駅にはすでに大型観光バスが2台がスタンバイしておりました。
バスに乗り込みますと、飛鳥めぐりの始まり・始まりなのであります。


進む
関連記事

2011/03/03(木) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/694-3a2b2fa2
 |  HOME  |