業界スコープ

修学旅行のオリエンテーション(昭和63年)

昭和63年3月1日の午後、修学旅行の本番を2日前にして3年の全クラスの
生徒を集めてオリエンテーションが開催されました。
内容はと言いますと、先日配布された修学旅行のしおりを基に解説が
始まりました。

修学旅行_1 コピー    修学旅行_2
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。
目的・参加者についての説明。


修学旅行_4    修学旅行_5 コピー
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。
新幹線・ビスタカー・バスの座席表


修学旅行_6 コピー
画像をクリックすると、
大きな画像でご覧頂けます。
旅館・ホテルの部屋割表


ご覧のサムネイルに沿って職員から説明が行われました。
そして問題の注意事項の話に入りましたが、ここで問題が発生しました。

修学旅行_7 コピー   修学旅行_8 コピー
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。
この4ページが問題の「注意事項」


そうです。ここで横からスーパー問題職員YAがしゃしゃり出て来て
「3Aの生徒には既に話してあるが」の出だしであと23日で卒業する中3の生徒を
前にして幼稚すぎる例の問題発言の内容を話し始めたのです。
そして、例の幼稚な勝手なルールを単独で全生徒に押しつけたのでした。
皆、呆れ返っていたのは言うまでもありませんでした。

行程表コピー   奈良の案内図 コピー
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。
修学旅行の行程表と奈良での散策図


このスーパー問題職員YAの呆れた問題発言の後にはこの旅行の行程と
奈良の散策場所についての説明がありました。
新幹線やビスタカーなどの説明も出ましたが、ここでもスーパー問題職員YAは
又もやおかしげな発言をしたことを覚えております。
それはと言いますと、ビスタカーは2階建て構造の車両になっており、
1階の席はホームの高さより低い位置が目線となります。
そのため、下から上を覗く構造になるため、「ビスタカーが停車時には外を見るな」
というトンチンカン且つ、???な発言をしたのであります。
そんなに問題があるのであればこの列車を運行している近鉄はとっくに運行を
やめているのは言うまでもありませんが、運行しているということは
問題がないから運行されている以外の何者でしかないのです。
筆者はもとより、他生徒も首を傾げていたのも事実であります。

修学旅行_14
画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

そして、(誠明学園の悲しいと言うべきなのか単なるメモの控えなのか)
各自で行程から部屋割から随行担当職員の名を書き入れて先公のチェックが
行われました。

最後は質疑応答のコーナーに入るのです。
おのおの、いろいろな質疑が交わされておりましたが、2時間近い時間を
かけたオリエンテーションは終了となります。

ですが、筆者もそうですが、3Aの生徒はスーパー問題職員YAの幼稚な
しゃしゃりぶりに他クラスの生徒からは惨めな思いをしていた事は
隠しきれなかったのは事実であります
このメチャクチャな状況下で筆者は
「この修学旅行はどういう結果になるのだろう」
「果たしてこの修学旅行は成功するのか」

と頭を抱えていたのも事実であります。


修学旅行の本番は2日後ですので、成功を祈りつつ、筆者は本番を
迎えることになりました。
関連記事

2011/03/01(火) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/691-5f0a9a2a
 |  HOME  |