業界スコープ

わいせつ教師の不祥事が急増中です

本日の読売新聞の記事に
「わいせつ教諭相次ぐ…被害の4割、勤務先の子」
「億単位の損失、手記提示も…止まらぬ教員不祥事 」

等のショッキングな見出しがありました。
皆様の身近な学校でも施設でもわいせつが絡む不祥事が起きているのは
事実であります。
筆者もこういった記事の見出しを見る度に「公務員って何のためにいるのか」
と心を疑うことがあります。

この話を受けて筆者も改めて公務員の不祥事コレクションから被害者の統計
データを見てみましたが89年からの段階でも現在問題になっております被害者の
低年齢化が始まっていたのは事実であります。


1989年度の統計


89年統計
Copyright 1989 THE公務員不祥事コレクション(現在の著作権者は業界スコープ編集部)
1989(平成元)年の公務員の不祥事の統計です。
画像をクリックすると、大きな画面でご覧頂けます。


89年被害者男性統計  89年被害者女性統計
Copyright 1989 THE公務員不祥事コレクション(現在の著作権者は業界スコープ編集部)
1989(平成元)年の男女と被害者年齢の統計です。
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画面でご覧頂けます。



1990年度の統計

90年統計
Copyright 1990 THE公務員不祥事コレクション(現在の著作権者は業界スコープ編集部)
1990(平成2)年の公務員の不祥事の統計です。
画像をクリックすると、大きな画面でご覧頂けます。


90年被害者男性統計  90年被害者女性統計
Copyright 1990 THE公務員不祥事コレクション(現在の著作権者は業界スコープ編集部)
1990(平成2)年の男女と被害者年齢の統計です。
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画面でご覧頂けます。




この統計をご覧頂きますと、学校の先生のわいせつなどの不祥事の問題は
今に始まったのではなく、以前から根強くあったのは事実であります。
本来であれば絶対にあってならないことでありますが、最近では教員の
モラルは低下しているのも事実であり、昨年は教師同士で校内において
本番行為を行っていた事件
も報道されるという事例もあり、教員の性に
対するモラルはさらに低下しているのも事実であります。
かと言って施設の業界ではないのかと言えば学校と同様に児相職員による
男児2名へのわいせつ事件
が起き、逮捕者も出ているのは事実であります。

これらの状況を考えてみますと、性の話を「臭いものにはフタをしろ」
という過去の間違った教育と公務員特有の「殿様意識」が背景にあるの
ではと思います。
さらに付け加えて本来は教師にしてはならない者がいるのも事実ですが、
採用試験や検査の段階で見抜けないことにも問題があるのです。
これらの状況を踏まえて北海道の教育委員会では「不祥事防止リーフレット
なるものを全教職員に配布し、実例として事件を起こして懲戒免職になった
40歳の高校教諭の例を示し、懲戒免職になれば退職までに得られる給与と
退職金(給与1億4000万円と退職金2800万円)を失う事を強調して警告する
内容になっているそうですが、未だに全国各地ではわいせつを含む教員に
よる不祥事が続いているのは事実です。

「教員は子供への見本である」立場を忘れてわいせつだけでなく各種の
不祥事を起こしているニュースを聞く度に筆者は心が痛むのです。
本当の教育とは何なのかと考えさせられるのも事実であります。
関連記事

2011/02/20(日) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/683-20943391
 |  HOME  |