業界スコープ

七夕暴行脅迫事件から24年

今日は7月7日七夕の日です。
世間では楽しい七夕を迎えて楽しまれているかと思いますが、
筆者はこの日が来ると、毎年昭和61年のこの日のことを思い出します。
今年で事件発生から24年を迎えました。
昨年の記事で事件の詳細は書きましたが、スーパー問題職員YAの筆致しがたい
過激な暴行と脅迫を今でも忘れることはできません。
今でもこの日が来ると、夢の中で筆者がスーパー問題職員YAに過激な暴行を
受けているシーンと暴行された痛さがよみがえって来るのも事実であります。

今日の夕方のことなのですが、コメントに読者の方から情報が書き込まれ、
筆者びっくりしたのも事実であります。
それはと言いますと、誠明学園OBの保護者の方からスーパー問題職員YAに
子供が殴られたという事を知らせる内容でした。
筆者は驚愕しました。未だに生徒に対して暴行ですから、驚きが隠せません。
平成20年に児童福祉法が改正されたにも関わらず未だにスーパー問題職員YAを
懲戒免職にしない東京都福祉保健局と総務局の神経を疑いたくなります。
スーパー問題職員YAは即刻懲戒免職にし、年金+退職金+資財を没収して被害者の
補償に当てるべきだと筆者は思います。

25年経とうと30年経とうと60年経とうと誠明の業界は全然変わっていないのも
事実であり、手段はより悪質、巧妙になっているのも事実であります。
いい加減に体制を改めて再出発するべきだと思います。

今日は忌ま忌ましい昭和61年の事件の事を思い出してしまいました。
今夜はうなされる一夜になりそうです。
関連記事

2010/07/07(水) | スーパー問題職員YA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/540-9ba856e8
 |  HOME  |