業界スコープ

3月6日

今日は3月6日です。
昨年も書きましたが、筆者が誠明学園に入った日であります。
今年であの日から26年目を迎えました。
然しながら、誠明の業界の体質は全然変わっていないのも事実で
あります。
昨年は、この時期に卒業したばかりの生徒と保護者が編集部を訪れ、
誠明の職員の暴力や虐待の実態が証言によって明らかになったのは事実です。
昨年からの動きを振り返ってみますと、児相被害者の方も2?3人程編集部に
相談に見えたり、墨田児童相談所職員による当ブログの名を出しての誹謗中傷
発言やスーパー問題職員YAが誠明学園に舞い戻って来たりなどの問題もあり、
筆者は本業との隙間を縫って動いており、忙しい状況が続いているのは
事実であります。

26年目を迎えるに当たって、筆者としましては東京都福祉保健局と誠明学園
にはいい加減に古い体質を改めて頂き、新しい体質で生徒の教育に当たって
頂きたいことと、暴力を振るう職員に対して地方公務員法第28・29条を
活用して懲戒免職等処分を厳格化し、被害生徒に対する謝罪と賠償とケア等を
して頂きたいかと思います。
関連記事

2010/03/06(土) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/473-2553b6c7
 |  HOME  |