業界スコープ

地上げ屋職員YAの暴走の始まり

昭和62年のこの時期から筆者と地上げ屋職員YAとのいざこざが
絶えなかったことを覚えております。
その口論のジャンルと言えば掃除のことだったり、運動のことだったり、
生活全般のことだったことを覚えております。
口論の原因を作っているのは筆者ではなく地上げ屋職員YAの方が圧倒的に多かった
ことを覚えております。
地上げ屋職員YAと言えば昭和63年1月25日の筆者に対する地上げ事件がメインの
ようにも見えますが、この地上げ屋職員YAの暴力は柔道を悪用した暴力とプロレスの
技のような暴力を筆者は受けたのは事実であります。
地上げ屋職員YAのよくやる技と言えば
・髪の毛を掴んで壁やテーブルに叩きつける
・正座をしている膝を思いっきり踏みつける
・足蹴り・足払いなど柔道の技を悪用して人を倒す
・胸ぐらを掴んで往復ビンタ
・胸ぐらを掴んでパンチ
などがあります。
時には前触れもなくいきなり殴ってきたこともあります。

この頃になると地上げ屋職員YAは段々エスカレートして寮の中で偉そうに生徒に
対してのさばるようになってきたのは事実です。
それに伴い、筆者とのトラブルも段々増えてきたのは事実であります。

本当にあの頃を振り返ると、どこに居ても暴力の嵐だったのは事実であります。
学校にいれば寮で解決したトラブルの事をスーパー問題職員YAが蒸し返しの暴力を
振るってきたり、寮にいれば地上げ屋職員YAや問題職員NOや問題職員YAとの新しい
トラブルや暴力等に悩まされたのは事実であり、筆者も気が休まるところもなく、
神経性胃炎に悩まされ苦悩する日々だったことを覚えております。
関連記事

2010/02/19(金) | 地上げ屋職員YA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/465-38d81f4a
 |  HOME  |