業界スコープ

【税金泥棒】都立広尾病院の職員が公金を着服し、懲戒免職

?ニュース記事から?

東京都は8日、渋谷区にある都立広尾病院に勤める職員を懲戒免職に
したことを明らかにしました。

懲戒免職になったのは、都立広尾病院で非常勤医師らの給与支給を担当職員の
主事の財津琢也(39)です。
東京都の説明によりますと、財津主事は08年9月?09年11月までの15カ月の間に
実際には働いていない非常勤の医師を働いていたと偽るなどの手口で架空の
職員報酬を計上した上で給与金を着服しました。
財津主事が着服した合計金額は約4000万円に上ります。
財津主事は着服横領した金を
「住宅ローンの返済や投機目的の
            マンション購入費などに充てた」

と話しているそうです。

東京都は5日付で、財津主事を警視庁に刑事告訴しました。



都立広尾病院の職員が4000万円にも上る公金を着服していた事件が発生しました。
最近、東京都の公用回線の動きがちょっとおかしいなぁと思ったら都立病院で
働いてもいない職員が働いていたかのように装って公金を着服するという
事件を起こしていたわけですから、筆者もたまげました。
横領した金で投資用マンションの購入というのですから、
いい加減にしろ以外の言葉しか思い当たりません。
これこそ単なる税金泥棒でしかありません。

そしてこの事件の責任を石原知事はどう考えているのかわかりませんが、
筆者としましてはこの事件の責任を取って石原知事は辞職するべきだと
思います。

この件だけでなく、東京都は公用回線で個人のブログを閲覧したり、職員が
生徒子供に未だに暴力を振るったりしている現状があるにも関わらず放置して
いるのは事実であります。
問題が山積しているのは事実でありますが、そろそろ東京都自体の腐った膿を
出す時期に来ているのは言うまでもありませんが、まともな公務もできない
グータラ職員をどんどん懲戒免職処分にしない限り職員の考えは変わらない
と思います。

東京都職員処分公開情報(総務局・PDF)
関連記事

2010/02/09(火) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/463-2685a7ae
 |  HOME  |