業界スコープ

【今でも行われている】大阪市立阿武山学園職員による生徒への暴行傷害事件【職員の暴力】

? ニュース記事から ?

大阪市は7日、高槻市にある児童自立支援施設の大阪市立阿武山学園
男性職員(25)が、入所していた生徒を殴り、生徒の鼻の骨の一部を陥没させる
暴行傷害事件があったことを発表しました。

大阪市の説明によりますと、6月18日中学3年の男子生徒(14)への個別指導中に
生徒から「お前から先に殴れ」などと挑発されたことに男性職員(25)は腹を立て、
生徒の顔を1回殴りました。
その後、職員と生徒は殴り合いになり、異変に気付いた他の職員が止めに入りました。
この結果、生徒は鼻の骨が1ミリ陥没し、手術を必要とする傷害を負いました。
男性職員も顔面打撲などで1週間の傷害を負いました。

大阪市の説明によりますと、この中学3年の生徒は普段から職員に反抗的な
態度をとることが多く、当時は職員が個別指導中だったと言います。
職員は「申し訳ないことをした」と反省しているという。 

事態を重く見た大阪市はこの男性職員(25)を7月31日付で
停職10日の懲戒処分を行いました。

2009年8月 8日ソース(関西産経)




ちょっと時期がずれてしまいましたが、大阪市立阿武山学園の職員が
生徒に対して鼻を陥没させるという傷害事件を起こしました。
いくら生徒に挑発されたからと言って鼻を陥没させるまでの暴行は
許しがたい話でもあります。
新聞の記事にもありますが
「普段から職員に反抗的な態度をとることが多く」
ということがわかっているのですから、理性のリミッターをかけて挑発に
乗らなければこのような結果にはならなかったのではと思います。

今月に入ってから大阪市の公用回線がチョロチョロアクセスをしていた
ことに筆者も気づいていたのですが、まさか、このような事件があるとは
思ってもいなかったのは事実です。

ですが、誠明の業界でもこういった話は昔からあるのは事実であります。
筆者が話を聞いて知っているケースでは
「職員ボ〇ズと生徒が殴り合いをしていた」
「職員ヨ〇マンが生徒に野球のバットでメッタ打ちにされた」
という話がありますが、職員と取っ組み合うと、大半の場合、武蔵野学院に
送りになるのが相場です。

いづれにせよ、正当防衛で回避ぐらいまでだったら良かったのですが、
生徒に大怪我を負わせるのは行き過ぎだと思います。
関連記事

2009/08/30(日) | 児童自立支援施設/少年院/刑務所の業界 | トラックバック(0) | コメント(1)

«  |  HOME  |  »

名無しさん

『No title』

阿生山の卒業生やけど、
30年前はもっときびしかったよ
どつかれて、血だらけになる事は
しょっちゅうやったから。けど、先生も意味なくどついたりしないよ。悪ばっかりやから、そのくらいしないと、
ゆーこときかないから。でも、きびしくしてもらったおかげで今があるから感謝してます。

2016/10/08(土) 21:04:10 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/380-ebd7eba0
 |  HOME  |