業界スコープ

8月9日(2009年)

今日は長崎に2発目の原爆ならぬ水爆が投下された日です。
午前11時2分、米軍航空機B29「ボックスカー」から一発の
爆弾が投下されました。
今年で投下から64周年を迎えました。
長崎平和記念公園では広島と同様に記念式典が行われ、
長崎の町は追悼一色に包まれております。

最近、被爆二世の問題がマスコミなどで報道されておりますが、
核兵器は直接の被害者だけでなく、後から生まれてきた子供たち
にも影響を与えるのは事実であります。
そして社会問題になっているのは事実であります。

原爆投下を原因としてお亡くなりになられた方に対して、
筆者といたしましては哀悼の意を表したいと思います。

今年は悪いことに北朝鮮が地下核実験を行い、世界中から
非難を浴びたのは記憶に新しいかと思います。
核廃絶を願う日本だけでなく世界に対する挑戦行為は
本当に許すわけにはいきません。

今年も世界に向けて筆者は言います。
ノー モア 広島
ノー モア 長崎
の言葉と合わせて

ノー 地下核実験
被爆二世の後遺症への充実した補償

を宣言したいかと思います。
関連記事

2009/08/09(日) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/368-42bed426
 |  HOME  |