業界スコープ

キムチ作り (その2)

漬け込み完了 樽の中の様子
写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

先日の漬け込みから2日経ちました。ご覧の通り、だいぶ漬かってきました。
まずは、余分な塩を落とす塩抜きから始めたいと思います。




道具

水切り道具
写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

ざる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
押さえふた(漬け込み樽のを流用)・・1個
重し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個
洗い桶・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個

漬け終えた白菜を樽から取り出し、ご覧のように水洗いをします。
そして流水で約2時間流しておきます。
塩抜き
写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
食品衛生のため、筆者では水道水に浄水器を通した水を使用しております。


塩抜きの終わった白菜を漬け込み時と同様にざるに重ねて並べます。
ザル上げ
写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

押さえふたを乗せて、重しを乗せて約2時間おいてしっかり水切りをします。
水切り
写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

この段階で次の本漬けに必要なこんぶ5枚を水につけておきます。
              こんぶ準備
なぜ、土鍋に入っているのかと言いますと、こんぶだしが水に溶け出ますので
捨てるのはもったいないのでそのまま鍋料理に流用してリサイクルをしてしまおう
という作戦なわけなのです。


2時間後には水が切れますので、その間に本漬けの準備をしたいと思います。
関連記事

2008/11/30(日) | Kitchen Studio | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/247-ddaa1832
 |  HOME  |