業界スコープ

臨海最終日

ちょっと、日付がズレてしまいましたが、臨海の最終日です。

朝になると、出発のために各自の部屋からロビーに荷物を
集めます。(寮単位)

朝食を取り、最後の泳ぎをします。

旅館で昼食後、沼津港までの連絡船に乗船します。

沼津港には迎えのバスが待機しておりますので、学園を目指して出発します。

お帰りのルートは御殿場ICで降りて富士山の山越えをして
山中湖ICから八王子ICを目指します。

臨海の終わりには大雨が降るジンクスがあります。
筆者が覚えている限りでは、59年と60年は大雨にたたられたのを
覚えております。
学園に着くと、道路は水没しており、足元からビシャビシャになったのを
覚えております。

このような水没や大雨での床下浸水が頻発したため、昭和61年には、
B1の裏の職員宿舎と乾燥室の間に大きな浸水穴(フェンスつき)が
掘られたことにより、以後、浸水被害はなくなったのを覚えております。

昨日、臨海の最終日を書く予定でしたが、本日B2のYA君とFU君が
筆者宅にて19年ぶりの再会を果たした関係で記事を書くのが遅れて
しまいましたが、筆者としては嬉しかったのです。
いままで、対立の関係でしたが、今後はどうなるのか筆者としては
暖かく見守りたいと思います。
関連記事

2008/07/26(土) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/174-19b546ce
 |  HOME  |