業界スコープ 薄毛対策

【風呂釜不調】給湯器に交換しました

先月の下旬から超多忙の最中に編集部の風呂釜が不調になってしまいました。
いくらお湯を熱くしようとダイヤルを回しても熱湯かぬるいかの極端なお湯しか
出なくて困った筆者は不動産屋さんに電話をかけたところ、ガス屋さんに電話してくれ
と云う事でしたので、電話をしたところ、交換しかないという事になり、2年前の
緊急湯沸シャワーを使うハメになりました。
本日、風呂釜から給湯器交換しました。
ダイジェストを動画で作りましたのでご覧下さい。



前回、2年前に修理した時はガス屋さんが中古のバランス釜交換しましたが、
よく見ると当初の故障した機械よりさらに1年も古い機械でした。
あの時に新品に交換さえしてあればと思ったのは事実ではありますが、
ガス屋さんの都合もあったのでしょうか、今回はお隣の棟の2階も交換した直後
という事もあり、24号の大型の給湯器となりました。

完成屋外側
交換された給湯器 パロマ製PH-241CWHA型
本機は編集部の所有ではなく、大家の所有品です。


バランス釜から給湯器になり、機械が屋外に設置された事で安全性が高まった
ばかりでなく、湯量も増えましたのでご機嫌ですが、大型機のため運転時の
ガスメーターの回り方が半端じゃなく早いのでびっくりさせられたのは事実です。
そして、今回はリモコンの設置をせず、ボイラー的な使い方となりますので、
必要に合わせて温度設定を変える必要があります。


   
付録:温度設定の方法
       今回はパロマ製が対象ですので、他メーカーの機器の方は機器の工事説明書をお読み下さい。
       機器の工事説明書は各メーカーのHPから入手が可能です。


     おまけ¦温度設定

       ①フロントのカバーのねじをプラスドライバーで4カ所外す
       ②カバーを上に持ち上げて外す。
       ③右下デジタル表示部の下にあるディップスイッチの3と4をONにする。
       ④温度設定をディップスイッチの下にあるボタンを押して操作する。
         温度設定は42・60・65℃で設定できます。
       ⑤設定が終ったら、ディップスイッチ3と4をOFFにする。
       ⑥カバーを上からかけて、外したねじ4カ所を戻せば完了です。

本日はやっとお風呂に入れますので、一安心ですが、一連の民事訴訟とお酒プロジェクトの
仕事がありますので、この辺にしておきますが、ガス料金が心配な筆者でした。





関連記事

2018/04/09(月) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1597-0e8fba79
 |  HOME  |