業界スコープ 薄毛対策

【老朽化】編集部のワープロソフトを新型に切り換えました

長らく当編集部ではメイン文書作成に使っておりましたワープロソフトを
やっとの思いで代替更新しました。

OASYS画面1 コピー 2000年から当編集部で活躍し続けてきた富士通OASYS V8

どうして当編集部ではこれだけ長く古いソフトであっても使い続けて来たのかと
云いますと、操作性が良く、文字の編集が他のソフトに無い機能が搭載されて
いることを過去の記事でも書きましたが、それだけでなく、筆者の人生にとって
誠明の業界から卒業して社会に出て最初に仕事を始めた時からの愛着もあり、
機種やソフトを変えながら今日まで来たのは事実であります。
このPC版のOASYSはWindows95が世の中に出てから専用機であるOASYS100Jから
乗りかえ、歴代のバージョンを使っておりましたが、V4.0とV4.1のソフトの
安定性が悪かった事もあり、V8.0以降バージョンアップを見送っておりました。
しかし、現存のV8.0は日本語辞書であるOAK(OASYSかな変換)の出来が良く、
2000年から数えて今年で18年を迎えましたが、Windowsも10に代わった事に
合わせてOAKと一部のソフトがケンカをする時があり、時代の流れには勝てなく、
今回筆者・編集部では最新のV10代替をすることにしました。

OASYS V10画面
新型ワープロソフト 富士通OASYS V10画面

今回の代替で、かな漢字辞書はJapanistと云うソフトに変更になりましたが、
従来のOAKの機能や蓄積された辞書データもを継続して使えますので準備に
手間が掛かりませんでしたが、新しいソフトと云うこともあり、この文面を書いて
いる際にも誤植を機械がしてしまっている箇所が何度かありましたが、
使い込めば改善してしていくのではと思っております。
そして筆者・編集部としましては、各メーカーがワープロ事業から撤退している
中で手堅くPCソフトで残し続けていますメーカーである富士通の心意気を感じた
のは事実であります。

筆者・編集部では今後の方針としまして老朽化したソフトの代替を進めて
まいります。
そして読者の皆様にお役に立てる記事で邁進してまいりますので
今後ともよろしくお願い申し上げます。


関連記事

2018/02/23(金) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1588-65f6198a
 |  HOME  |