業界スコープ 薄毛対策

タイロッドエンドブーツとスタビライザーリンクを交換しました(その3)

右側の修理が完了しましたら、左側の修理を行いますが、手順は右側と同じです。
今回は編集部の取材カーでは同時にスタビライザーリンクの修理も行います。

スタイビライザーリンク修理前
曲がっている左スタビライザーリンク

どうしてこのような事が起きるかといいますと、コンビニやレストラン等の駐車場の
車止めや溝等に脱輪させたりと理由は様々かと思いますが、知らずしてヒットさせて
しまう事が誰しもあることはではありますが、最近の車は車高が低くなっている事も
あり、起きやすいのは事実です。
ですが、このままでは車検で国の検査官に指摘される可能性もありますので、
修理を行いました。

スタビライザーリンクの修理

スタビリンク左

部品一覧写真つき

途中までのプロセスはタイロッドエンドブーツ交換と同じですので省略しますが、
圧入までが終わった段階でスタビライザーリンク上側のナットをゆるめます。
ですが、下側は曲がりに加え、取材カーは新車から5年間長野県の企業でリース車両
として使われておりましたので塩カルのさびも加わりナットを回して撤去することは
困難でしたので職人の方であればおなじみのディスクグラインダー
(別名:サンダー、ベビーサンダー)登場です。

サンダー ディスクグラインダー

サンダー切断箇所

下側では、ディスクグラインダーの歯が入る箇所がありませんので、写真にあります
黄色の線の位置をめがけて一気に

観よ!
      サンダーボルトの威力 
                       サンダーボルトの
             威  力  !

ではありませんが、一気に切断して撤去を行いました。
そして、図面どおりに組み立てて最後に上部のスタビライザーに差し込もうとしましたが、
ゴムの弾力の力もあり、穴の位置と合いませんでしたので、フロアジャッキの棒でグイッと
スタビライザーロッドを押し下げてボルト穴にはめてからナットを閉めこみました。
完成しましたら、タイロッドエンドを復旧して完了です。

左側完了
完成した左スタビライザーリンクとタイロッドエンドブーツ一式

作業が終わったら、あたりは真っ暗でしたが、取材カーには照明器具とDC/ACインバータが
積まれておりますので明かりは確保できましたが、本当に長い一日だったような気がします。
ですが、取材カーの修理はまだ続きます。
次回の記事では、車検に備え、大規模な修理が予定されており、現在、編集部では検証と
同時に必要な機材や材料を準備しております。
年末に入ってしまうかと思いますが、ご期待頂ければと思っております。

その2へ戻る

ディスクグラインダー

サンダー ディスクグラインダー

この機械は、回転式の砥石を取り付けて鉄を研磨したり、切断したり等の作業ができます。
この機械に様々な砥石やカッターやケレンカップ等のアタッチメントがあり、用途に合わせて
交換することで様々な用途に使う事ができるため、鉄工所や工場や工事現場ではなくては
ならない機械です。
ですが、これらの砥石の交換作業を行う場合、労働安全衛生法第59条に基づく
研削砥石の取り替え・試運転業務」の特別教育の資格が必要です。
※筆者は研削砥石の取り替え・試運転業務作業に関しての特別教育の資格を所持しております

関連記事

2017/10/16(月) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1557-99111d99
 |  HOME  |