業界スコープ

取材カーのエアコンを修理しました(その4)

先程はヒーターコアを外すためにLLCを抜き取り、水路の洗浄とヒーターコアのパイプを
取り外すまでを行いましたが、ここからは怒濤の室内側の分解作業に入ります。
事前工事で仮設の養生テープを剥がして、メーターを外して本格的に分解を行います。
事前に分解説明書や部品検索サイトで構造等を理解した上で行って下さい。

ブロアユニット分解と清掃

分解中の車内
分解中の車内の様子

マニュアルに従って車内のステアリングコラムから各種固定金具等を取り外し、ブロア
ユニットを取り外します。
取り外しましたら、清掃を行いますが、電気部品がありますので下記の注意に従って
清掃を行って下さい。

ブロア

今回はブロアモーターを取り外してシロッコファンは雑巾等で拭く程度にしてありますので
上部の分解しておりませんが、清掃することができました。
清掃が終わりましたら天日で干しておきましょう。

分解し清掃したブロアユニット 清掃が完了して乾燥中のブロアユニット

乾燥している間に本命のクーリングユニットの分解と部品交換を行います。
さらに分解は続きます。






ナビゲーションメニュー
その1 車内の事前分解
その2 部品の準備
その3 LLC抜きとヒーターコアホース取り外し
その4 ブロアユニットの脱着と清掃
その5 クーリングユニット脱着とエバポ交換と清掃
その6 リキッドタンク交換
その7 Vベルトとクーラープーリー交換
その8 LLC補充とガスチャージ
その9 コンデンサ不調で再修理
その10 取材中にベルト断・ディーラ修理 まとめ
関連記事

2017/07/30(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1532-27923942
 |  HOME  |