業界スコープ

取材カーのエアコンを修理しました(その2)

事前の分解工事が終わりましたら、今度は部品を探さなくてはなりません。
今回は高額の部品も多く、中古品を使う事にしました。
メインであるエキパンションバルブを探す為に部品の品番を検索サイトで探し、
サーチエンジンで漁っていたところ、某オークションにエバポプレーター付きで
格安にて出品されておりましたので、早速GETしました。
エバポ 4,500円でGETした中古エバポAssy(新品で36.960円 参考価格)

実を云いますと、エバポプレーターを交換することにしたのかと云いますと、
以前、筆者の兄に一ヶ月程貸した際に韓国の食品を運搬したためにニオイが
ついてしまい、様々な方法でニオイを除去しようとしましたがうまくいかず
エバポプレーターの交換を予定しておりました。
まさか、エキパンションバルブとセットで出てくるとは思いもよらなかったのは
事実であります。
ですが、中古品ですので、読者の皆様には交換の際のお約束事項としまして
必ず一度エキパンションバルブをはずしてOリングの交換をお願いします。


これだけでなく、必要な部品としまして

各種Oリング
各種Oリング

リキッドタンク
リキッドタンク

エアコンフィルター
エアコンフィルター

クーラーガス
クーラーガス
が必要になりますので、ディーラーや部品商に注文しました。




ナビゲーションメニュー
その1 車内の事前分解
その2 部品の準備
その3 LLC抜きとヒーターコアホース取り外し
その4 ブロアユニットの脱着と清掃
その5 クーリングユニット脱着とエバポ交換と清掃
その6 リキッドタンク交換
その7 Vベルトとクーラープーリー交換
その8 LLC補充とガスチャージ
その9 コンデンサ不調で再修理
その10 取材中にベルト断・ディーラ修理 まとめ
関連記事

2017/07/30(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1530-720cd567
 |  HOME  |