業界スコープ

今月の総論(2017年6月)

本日は6月30日、東京は雨が降ったりやんだりの不安定な一日でした。
ですが、本日は月末ですので、今月一ヶ月を振り返ってみることに
したいかと思います。


児童相談所問題
児相拉致問題についての会合がありました
去る、25日に東京は秋葉原の居酒屋において児相拉致問題と国連への報告書
提出についての会合がありました。
政府側も国連への提出のための翻訳に追われているそうではありますが、
おかしげな事を書いている事が予想されます。
筆者も少しづつ洗い直してみたいかと思っております。


施設問題
厚生労働省による暴力問題職員への永年表彰問題
先日の記事でもお伝えしましたが、厚労省が児童自立支援施設の暴力問題職員を
表彰していた事が判明しました。
この事を巡り、編集部には読者の皆様から驚きと怒りの声が寄せられております。
これらの暴力問題職員は刑法の触法犯罪者でしかなく、殺人から強盗、わいせつ
から窃盗等の様々な犯罪を児童・生徒達に対して行い、被害を与えたのは事実で
あります。
厚労省はこのような犯罪を犯してきた暴力問題職員を表彰することは正しく、国が
犯罪者に税金を使って表彰する行為であり、一般世間からすれば許されないのは
云うまでもありません。
厚労省には今までの表彰を取り消し、責任者の処分を行い、改めて犯歴や処分歴
も加味した上できちんとした職員を選考し直して頂きたいかと思います。

厚生労働省が子どもの権利を守る監視機関を設置すると報じました
23日の毎日新聞の記事上で、厚労省が施設内における子どもの権利問題
について第三者機関を設置すると報じました。
新聞の記事を読み砕いてみますと、中身は全然変わっていないで機関の
数だけを増やす茶番劇でしかないお粗末な内容でした。
この記事には相模原市児相の保護放棄自殺事件と国連から指摘された
等と寝言を云っておりますが、未だに誠明学園にしても他の児童自立支援
施設や養護施設にしても考えは昭和の時代の悪しき伝統を断ち切ることなく
現在に来ている状況下で組織を増やしたからと云って変わるはずがない
のは云うまでもありません。
厚労省には茶番劇をする前に施設の問題職員の処分と被害者への謝罪と
アフターを行うのが先だと思います。

あのF.I.S.が名称を変更した事が判明しました
つい先日の事ですが、問題のある無料低額宿泊施設でおなじみのF.I.S.
特定非営利法人ライズケアと名称を変更した事が判明しました。

ライズケア草加
ライズケア草加(筆者撮影)

ですが、資料等を見ますと運営者は変わっておらずそのままでしたので
依然として問題があるのは事実であります。


筆者・編集部
取材カーのエアコンが故障しました
読者の皆様のため・編集部のため・筆者のために活躍する取材カーの
エアコンが故障しました。
原因は当初はエキパンションバルブの詰まりだけかと思っておりましたが、
試運転の結果が良くありませんので、後日、コンデンサユニットを交換します。
それに併せてVベルトや消耗品の交換も実施します。
この修理で直ってくれればと思っておりますが、万一、ダメだった場合、
高額なコンプレッサーの交換を覚悟の上で実施したいかと思います。

酒税の増額
今月より、酒税が上がったことに伴い、値上げが行われたせいか、荷が減少
しております。
ですが、少しつづではありますが、荷が少し戻ってきたような気がしますが、
ジワリと影響があるのは事実です。


今月は様々な事がありましたが、明日は7月です。
夏・本番となり、暑くなりますので読者の皆様には事故や食中毒には
十分ご注意頂きたいかと思います。
そして子どもたちには楽しい夏休み・大人にはお盆も控えておりますので
体調管理には十分ご注意頂き、楽しい夏の思い出を作って頂ければと
思っております。


関連記事

2017/06/30(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1521-e6b6dba9
 |  HOME  |