業界スコープ

【前科者を再任用】札幌市児童相談所の職員が逮捕されました

年始早々ではありますが、テレビやネット等のニュースで北海道札幌市
児童相談所の非常勤職員が小学生の男児に対する強制わいせつ容疑で
北海道警察白石署に逮捕される事件が起きました。
業界レーダーでも書きましたが、昨年12月19日の午後に一時保護所で
知り合った小学生の男児を自宅に「勉強を教えてやる」と称して容疑者
非常勤職員の自宅に電話で呼び出した挙げ句に男児に対して下半身を
触るなどのわいせつ行為を行いました。
これらの行為について男児の母親が警察に被害相談が行われ、警察の捜査が
行われた結果、1月5日に容疑者の非常勤職員が逮捕される事態となりました。

札幌市児童相談センター
職員のわいせつ事件の逮捕で大揺れの札幌市児童相談センター

さらに、その後の報道でこの容疑者は2002年にも札幌市内の小学校でも
わいせつ事案を起こし、2002年9月25日に停職6ヶ月の処分を受け、翌26日に
依願退職していた事も判明
し、メディアでは大騒ぎの状態となっており、某掲示板
では当サイトグループのURLが貼られたり、業界レーダーで本事件についての
暴露記事を求める声もあり、この事件を巡る容疑者職員及び札幌市の責任に
ついてかなり手厳しい声があるのは事実であります。
以前から筆者もこのような職員によるわいせつだけでなく、暴力や虐待に
ついて散々書いてきましたが、職員という優位的立場を悪用した違法公務を
続けることは少子高齢化を加速させるだけでなく、子どもを作らない夫婦を
増やす悪の根源でしかなく、日本という国を滅ぼしかねない事を主張して
おりますが、一向に変わることなく続くことにはうんざりしているのが現状
であります。

今回の事案を見ておりますと、平成22年の滋賀県での事件が教訓になって
いない現状を見ておりますと情けないだけでなく、過去にわいせつ事件を起こした
曰く付きの職員を再任用して児童相談所へ配置した札幌市の責任は重大であり、
市長の秋元克広の傍若無人ぶりを見ておりますと札幌市民の皆様をバカにして
いるとしか云いようがありません。

札幌市 市長 秋元克広 傍若無人な札幌市の市長 秋元克広

北海道 札幌市 市長 秋元克広
札幌市児童相談所にわいせつの前科の
ある者を再任用し、小学男児に対する
わいせつ事件を起こした責任を取って

即 刻 、 市 長 を 辞 任 せ よ !

ご注意
この写真は公務所のサーバからのリンクです。
公務所から送信されておりますので、法的には公務中の公務員となりますので
判例に基づき公務中の公務員には肖像権等は存在しません。
判例等番号:昭和36年 東京地方裁判所 (ワ) 第1882号 損害賠償事件


抗議先
北海道 札幌市 市長 秋元克広
〒060-8611 北海道札幌市中央区北1条西2丁目
電話:011-211-2111(代)

皆様の熱い抗議をお願い申し上げますと共に、当編集部では傍若無人な市長の
秋元克広を日本国憲法第15条の規定に基づき罷免いたしますので、即刻、辞任
して頂きたいかと思います。




関連記事

2017/01/09(月) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1484-b5a43b65
 |  HOME  |