業界スコープ

小池知事 豊洲汚染問題で「都庁内全職員」を粛清と発表

東京はもとより日本を代表する東京築地市場の移転問題で知事が代わった
瞬間に移転先の豊洲市場を巡る新たな問題が次から次へと噴出する事態と
なっております。

Tsukiji as seen from Shiodome
移転問題で揺れる東京築地市場(写真はWikiコモンズから借用)

それは、建設の段階から指摘されていた移転先の豊洲の土地が有害物質で
汚染されていることに端を発した一連の問題で除染が完了したと思っていたら、
一部しか行われていなかったり、地下に空洞があり、一部で地下水が入る恐れ
があったり、建物の構造や設計に問題があったり、耐荷重の問題でフォークリフト
ターレが一部で使えない、洗浄等に海水が使えないといった問題が次々と
報じられております。
その一方で都は議会において「完璧だ」としていることに対して10日、業を煮やした
小池知事は報道機関に対しての会見の席上で「都庁全職員を粛清」と発表する
事態となっております。

巨額を投じて建設したにも関わらずに11月に移転する予定の豊洲市場に移転間近
だというのにこれだけの問題を抱えたままで移転なんかすれば、市場としての機能
しないばかりか、流通が混乱し、延いては日本の経済に大きな打撃を与えかねない
のは事実であります。
小池知事の粛清はこの問題多き東京都を正す事ができるのかと云う事と、この粛清を
以て都職員の考えが代わるのかを見守りたいかと思います。


関連記事

2016/09/11(日) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1454-16f45e92
 |  HOME  |