業界スコープ

【経費節減】脱プロパン業者装置の運用について

先日の記事では脱プロパン業者の実施について書きましたが、運用開始と
共にいくつか気付いた点があります。

使用時の注意
当編集部の脱プロパン業者装置

残ガスについて
お風呂等を沸かしますと大量にガスを使いますが、冷えたままですと能力が
落ちるために加温が必要と書きましたが、残量が少ない場合でも加温が
必要でした。
ボンベの頭を軽く押した段階でプシューという音や軽く振った場合のカシャカシャ
等の音がする場合は加温して最後まで使い切って頂きたいかと思います。
筆者も残りがないだろうと思って穴を穴開け器で開けたところ、2秒位ガスが
出てきましたが、同様の別容器でガスコンロに使ったところ2回程お湯が
沸かせましたので「もったいない」と思いました。
これらの容器を使い切る方法はと云いますと、ボンベがなくなり、火が消えるまで
お風呂を沸かすのが最適です。
これらの動作を実行することで、残ガスはかなり減りましたが、加温調整との
戦いであるのは事実です。

ボンベの不均等減り
脱プロパン業者装置を運用し始めた当初ですが、セットしてある4本のボンベの
減りが不均等でした。
原因を調べて見ますと、①どこかで使ったボンベをセットしたこと②ケチって3本で
使用し、1本がなくなると補充していたこと③ボンベの加温を3本のみしていた事が
原因だったと思います。
そのため、筆者・編集部では現在、上記の写真にもあります加温容器に4本の
ボンベを均等に加温する対策を取った結果、現在は落ち着いてほぼ均等に消費
されるようになりました。

加温温度
40℃以下の温水を使用しますが、ガスが気化しますと、自然にボンベが冷えて
きますので時折、様子を見ながら、温水を交換すれば大丈夫でした。
前回の記事の通り、くれぐれも熱湯での加温や電気ヒーター等での連続加温は
ガスボンベの爆発等の原因となり、非常に危険ですのでお止め下さい。


現在、気付いた事は夏の時点ですが、冬季には別の対策が必要になる可能性も
ありますが、脱プロパン業者を行う上で法令上で覚えて頂きたい項目があります。
それは、高圧ガス保安法の事です。
なぜかと云いますと、脱プロパン業者を実行した際に、大量のボンベをお店から
自宅等まで運ぶ際に法的な規制を受ける場合があります(同法23条2項)。
大まかな目安で云いますと、
アセチレンガス・酸素ガス等の高圧ガス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・全て規制対象
プロパンガス(カセットガスは除外 300Kg以上の保管は消防署に届け出要)・・・・・容量8Kg以下
以下であれば法的な規制はありませんが、これらの規制を超える場合は法令に基づき
、「応急防災工具」「消火器」「高圧ガスの表示」「イエローカード」等が必要となり、
もし、これらをなくして運搬等をしますと、法令で罰せられます。(罰金30万円以下)
最近、警察が貨物自動車を狙って職務質問をし、これらの高圧ガスの違法運搬の
取り締まりが同時に行われて(特に東京都内)いますのでご注意頂きたいかと思います。
そのため、筆者・編集部では1度で購入するボンベを10パックまでに抑えてクリア
しておりますが、読者の皆様におかれましては、運搬と貯蔵については充分
ご留意頂き、ご不明な点があれば、経済産業省や消防庁や都道府県消防機関・
警察等の機関にお問い合わせをお願いします。

今回は前回に引き続き、細かな点をまとめてみましたが、脱プロパン業者を
行うには様々な事がありますが、読者の皆様が実施される前に充分ご検討を
頂いた上で自己責任でお願いしたいかと思います。




関連記事

2016/08/14(日) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1447-ba3327cc
 |  HOME  |