業界スコープ

鳥取県の障害者施設で長年に渡る監禁虐待が発覚しました

鳥取県鳥取市にあります障害者施設の鳥取県立鹿野かちみ園で、
入所者の知的障害のある40〜60代の女性入所者3人に対して
3~20年に渡って1日に6~14時間半に渡って部屋等に監禁していた
ことが15日明らかになりました。

鳥取県立鹿野かちみ園 
入所者女性3名を長時間且つ、3~20年に渡って部屋に閉じ込めて施錠し違法監禁していた
鳥取県立鹿野かちみ園

報道等によりますと県立鹿野かちみ園に入所する女性3名が異食や
ケンカ等があり、家族の同意を得た上で部屋等に長時間長期に渡って
監禁をしていたと説明しております。
問題の発覚は5月10に鳥取県県東部福祉保健事務所(鳥取市)に通報が
あり、障害者虐待防止法に基づき鳥取市と共同で調査しておりましたが、
同法に反する長期に渡る監禁は虐待に当たるとして公表しました。
報道で県厚生事業団の山本光範理事長は「利用者と保護者の方に多大な
不安と迷惑をかけ、おわび申し上げます」と謝罪した上で再発防止のため
職員研修を実施すると発表しました。

この事件について日本知的障害者福祉協会の会長橘文也氏は報道に
対して「<監禁について>家族の同意を得ても正当化できず、障害者本人の
基本的人権は守らねばならない。障害者の支援に難しい問題が生じた際には、
施設内で問題を抱え込まず他機関と連携して解決するべき」と述べました



鳥取県立鹿野かちみ園において入所者女性3名に対して3~20年に渡り、
家族から同意は得ていたものの長期・長時間に渡って部屋に閉じ込めた
上で施錠を行い、違法監禁を行っていたことが15日に発覚しました。
この違法な監禁については法的効力もなく、違法な状態で長時間・長期に
渡って監禁が行われていたのですから筆者・編集部としましてはこの驚愕の
事実を知り、唖然とさせられたのは事実であります。
施設での合法的な拘束は知事の認定による精神病院への強制入院や
児童自立支援施設での合法拘束(国立武蔵野学院の強制寮が有名。家庭裁判所の許可
が必要)
や刑事処罰の規定で鑑別所や少年院や刑務所以外しか
許されていないにも関わらず障害者施設で法的根拠に基づかない監禁
行為を行う事は違法行為であり人権侵害でしかないのは事実であります。
ですが、今回の事件の発覚を受け、施設における違法な監禁行為が
どうして20年もの間誰にも指摘をされずに今日まで来ていた事実を
考えますと、入所者の人権は虫ケラ同然にしか考えない短絡的な
発想になってしまうのか不思議でしかありません。

筆者・当編集部としましては鳥取県及び鳥取県厚生事業団に対して
これらの人権侵害について被害女性3名に対して謝罪をすると共に
こういった人権侵害が起きない体制づくりをして頂ければと思って
おります。



関連記事

2016/06/15(水) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1437-9542c518
 |  HOME  |