業界スコープ

大阪府の児童自立支援施設で暴行事件が発生しました

NHKの報道によりますと、大阪府の児童自立支援施設の職員
元生徒勤務先での態度が悪いとして暴行を働く事件を
起こしました。
報道によりますと、今年4月17日と21日に元生徒勤務先から
元生徒の態度が悪いと連絡を受け、30代の男性職員が顔に平手
打ちをしたり、胸を押し倒したりの暴行を行いました。
元生徒はほおが腫れたりあざができたそうです。
この事について職員は大阪府の調査に対して「頑張って仕事を
してほしいという気持ちが高ぶって、行きすぎた行為をしてしまった」
と話しているそうです。
この件について府は保護者に謝罪し、職員の処分を検討している
との事であります。



大阪府の児童自立支援施設の職員が退所した元生徒の勤務態度が
悪いとして暴行に及ぶという事件を起こしました。
昨年も千葉県の生実学校の職員元生徒との淫行という事件が
発覚したばかりでありますが、職員による元生徒への接触には
非常に問題があるのは云うまでもありませんが、わざわざ出張
して暴力と云えば筆者の昭和63年10月17日の田無での暴力事件
以来の出来事であったのは云うまでもありません。
理由はどうであれ、職員が生徒に暴力を振るうことについて
以前から当編集部では非難キャンペーンを展開しておりますが、
暴力で何が変わるのかという事を散々説いておりますが、
良くなるどころか悪くなるのは過去の実例からして周知の
通りであります。
大阪府だけでなく、当編集部では施設内暴力追放を32年前から
訴えてきておりますが、未だに変わろうとしない大阪府の
蛮行ぶりを許すわけにはいきません。
被害生徒の方は勤務先を変えて職員とのかかわりを断ち切る
必要があります。
そして保護者の方には刑法208条に基づいて告訴をすることを
おすすめしたいかと思います。
何年経っても変わらない児童自立支援施設の業界の悪行ぶりには
呆れて言葉がないのは事実であります。

大阪府の児童自立支援施設は修徳学院子どもライフサポートセンターがある
阿武山学園は大阪市立
関連記事

2016/06/11(土) | 児童自立支援施設/少年院/刑務所の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1435-a629c9c5
 |  HOME  |