業界スコープ

厚生労働省と児相を巡るとんでもない法律改正案等の実態

児相暴走と施設内での暴力や虐待の数々に常日頃、保護者の皆様も筆者も
編集部としましても日頃から頭を抱えておりますが、報道を見ておりますと家庭
破壊促進ダイヤルが空回りしているとほざく一方で厚生労働省と児相はとんでも
ない目論見を入れた法改正案が明らかになりました。

東京23区中核市児童相談所の設置が可能に児福法改正案
先日の朝日新聞の見出しで厚生労働省が東京23区の区役所や中核市の市役所が
独自に児童相談所の設置ができるように児童福祉法を改正しようとしている記事が
出ておりました。
記事を読んだところ、、都や県や府等の児童相談所だけでは虐待などの発見の手が
回らないから市町村等に独自の児相設置をさせようとしておりますが、今の児相
実態を見ておりますと職員に専門性もなく素人を配置したり、どこかの施設の問題
職員を配置して数々の問題や事件を引き起し訴訟が提訴されている状況下で
このような事をしたとしても何の解決にもならないのは事実であります。
このような状況下で市町村等に児相を独自に運営させる事はただでさえ県レベルの
職員のレベルが素人の状態で業務を市町村に丸投げしているにしかすぎません。
分かりやすく云えば<都道府県>児相の児童拉致を下請けしてくれる業者<市町村>を
増やすようなものでしかありません。
単なる税金のムダ使いと組織の複雑化と素人職員による訴訟が増え、最終的には
市町村は疲弊し、訴訟の嵐で財政も破綻し、北海道夕張市のように再生団体入りする
市町村を増やすことでしかありません。

恐怖の立ち入り調査等の強制手続き簡素化改正案
16日のロイター通信のニュースによりますと、厚生労働省は児福法の改正案の概要を
発表した事を報じております。
記事によりますと、今回の改正案概要では虐待をしていると思われる家庭に強制介入や
臨検等を認めるとありますが、今の児相の職員のレベルは先程の話ではありませんが、
低レベルの素人が法律を振り回して子どもを拉致し、児相の一時保護所では職員による
暴力と虐待の被害を生み出し、施設内暴力・虐待被害者を増やしているにしかすぎません。
こういった強権を含む恐怖の法律改正する前に児相の職員について専門の資格を創立して
児相を改革する方が先あるにも関わらず児相の都合のいいおかしげな法律改正とは国民を
バカにしているとしか云いようがありません。

マイナンバーで育児手続きの簡素化と児相の魔の手のからくり
18日のNHKニュースマイナンバーを利用して育児手続きについて簡素化というニュースが
報じられておりました。
報道の記事を読んでおりますと、マイナンバーを利用して子どもの予防接種や育児手当て等
の手続きを簡素化しようと云う内容ですが、このシステムが実現した場合、児相による暴走
に拍車をかけることになりかねんません。
分かりやすく言い換えれば児相によるマイナンバーを悪用した子ども狩りのターゲットを探す
ツールとして悪用できるからくりでしかないのは事実であり、児相による個人情報が使い
放題という事になれば無法者の児相の暴走がますます加速するのは目に見えております。


これらの改正案や簡素化等の言葉を巧みに織りまぜて暴走を続けようとする児相の魔の手に
ついて読者の皆様だけでなく、日本国国民の皆様にはNO!の声を賜りたいかと思います。
そして児相の拉致報奨金や措置費等の税金のムダ使い問題や施設内における職員による
児童・生徒への暴力や虐待や薬物を悪用した洗脳などを撲滅するだけでなく、被害者への
補償と謝罪について厚生労働省には考えて頂きたいかと思います。


関連記事

2016/03/18(金) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1417-8aaa24d7
 |  HOME  |