業界スコープ

【相次ぐ脅威】北朝鮮が弾道ミサイルを発射しました

北朝鮮が本日午前9:30頃、弾道ミサイル発射し、成功した事を日本時間
午後13:30頃朝鮮中央テレビを通じて発表しました。

北朝鮮ミサイル発射
発射された北朝鮮弾道ミサイル光明星(クァンミョンソン)

今回発射された弾道ミサイル光明星(クァンミョンソン)と云い、3段式の
構造となっておりますが、宇宙ロケットと比べて段数が異なるのが特徴です。
今回、北朝鮮は国際機関に対して衛星を打ち上げるミサイルとして発射
通告しておりましたが、写真から見る限りでは宇宙ロケットではなく、弾道
ミサイルとしか云いようがないのは事実です。
日本政府は要所に自衛隊PAC3を配備して警戒しておりましたが、
一時、沖縄上空付近を通過したため、J-アラートが発せられ、沖縄県
緊張が一時走りましたが、落下物もなく9:45頃日本の南およそ2000Km
あたりの予告落下区域外の太平洋上に落下したものと推定されます。

今回の北朝鮮による弾道ミサイル発射について韓国を始め、海外からは
今回の弾道ミサイル発射について非難の声が挙がっております。
そして安倍総理は今回の弾道ミサイル発射について「北朝鮮に対し繰り返し
自制を求めてきたにもかかわらず、ミサイル発射を強行したことは断じて
容認できない」と怒りをあらわにした上で「核実験に引き続き、今回のミサイル
発射は、明白な国連決議違反だ。国際社会と連携して毅然として対応して行く」
と述べました。


北朝鮮が本日午前9:30頃、核実験に引き続き、弾道ミサイルを発射しました。
今回は1月6日の核実験から短期間の間という事もあり、世界を震撼させた事には
間違いありませんが、世界から孤立を進める事は最終的には自分の首を自分で
閉める行為でしかなく、そこに暮らす国民を苦しめることになるのは云うまでも
ありません。
当編集部としまして北朝鮮の金最高指導者には今回の弾道ミサイル発射について
国連の決議を無視し、蛮行を重ねる事について抗議すると共に今後は、こういった
世界を危険にさらす行為について自制して頂きたいかと思います。

世界を恐怖に陥れる北朝鮮の呆れた蛮行についてお伝えしました。


関連記事

2016/02/07(日) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1408-66a9f23c
 |  HOME  |