業界スコープ

【迷惑なツーショットダイヤル】業者側が対策に乗り出しております

先日のことですが、ある方に対して携帯電話番号での着信があり、
確認したところ、ツーショットダイヤルを利用したいたずらであったと云う
お電話を頂きました。
そこで、筆者はこの方に対していたずらに使われた業者は連絡先が
わかる業者でしたので業者の電話番号を教えた上で番号削除
番号登録規制を依頼するように伝えました。
しばらくしてから再度お電話を頂きましたが、業者側に電話をしたところ
素直に番号削除に応じた上で番号登録規制を行った事と併せて当編集部の
記事の話を知っていた事を聞きました。
この事からして、ようやく業者側もいたずら登録に対する対策に乗り出した
事が判明したのは事実です。

業者側が対策を始めたという事は、いたずらを行う者には刑法に基づく業者に
対する業務妨害を問えるということにもなり、いたずら着信被害者と併せますと
警察等の機関が動きやすくなるのも事実です。
ツーショットダイヤルを利用したいたずらを行う者には今後、業者と着信被害者
からの刑事告訴や損害賠償等を招来することになりますのでお止め頂きたい
かと思います。


関連記事

2015/12/11(金) | ツーショット・無言等のいたずら電話問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1387-8004c0e8
 |  HOME  |