業界スコープ

【重要保安箇所】取材カーのリアブレーキシューを交換しました(その2)

先程の記事では、ジャッキアップを行い、ドラムを取り外すまでの工程を行い
ましたが、ここからは終了まで後戻りできない分解交換を行います。
読者の皆様が行う場合、以後の工程についての事前学習と自己責任の上で
進めて頂きたいかと思います。

分解工程
シューホールドピン分解

シューホールドピン拡大閉状態

まず、進行方向側のシューホールドピンを外します。
外しかたですが、プライヤーやペンチ等で写真のように挟んで手で裏側に
あるシューピンを押さえてスプリングを押し込んで回して外します。
写真下はシューピンによって固定されている状態です。
このピンを外す時はスプリングの飛びにご注意下さい。
続いて左側のシューピン(サイドブレーキ側)のシューピンを外します。

シューホールドピン一式取り外し完了

シューピンを外しますと進行方向側のブレーキシューが斜めになりますので
こじる感じで一気に分解します。

サイドブレーキ外し前

続いてサイドブレーキの分解を行います。
左側シューの下部にありますスプリングをラジオペンチ等でかしめながらサイド
ブレーキワイヤーの引っ掛かりを手で外します。

部品取り外し完了

取り外しが終わりましたら、外した細かい部品を全てザル等に入れて下さい。
これらの部品を1つでも紛失しますと、替え部品が入るまで車両が
走行不能の状態になりますのでご注意下さい。


戻る 進む


関連記事

2015/10/27(火) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1367-1669adee
 |  HOME  |