業界スコープ

リメンバー田無 田無での暴力事件を忘れるな2015

昭和63年10月17日午後19時頃、東京都田無市向台町4-1-11(現、4-1-10)
蕪山荘(現、新和レジデンス)101号室前筆者宅前路上において東京都立誠明
学園職員スーパー問題職員YAによる筆者への暴力事件が発生した日です。
事件発生から今年で27年を経過しましたが、未だに謝罪もなく、補償もなく
のうのうと誠明学園の児童自立支援係長の座にのさばる一方で被害者から
遁走し続けております。


携帯でご覧の方はこちらからどうぞ(You Tube動画より)

田無特別支援学校 建設工事を強行し、住環境を迫害した田無特別支援学校

                当時の筆者宅(蕪山荘) 田無の自宅

この事件から27年という時を経てもスーパー問題職員YAは反省も謝罪も補償も
せずに東京都と共に逃げ回っているのは事実であり、被害者である筆者の傷は
未だに癒えない状態で過ぎているのは事実であります。

卒業アルバムは帰ってきません。

人の人生に一度の卒業アルバムに対して掲載妨害をして台無しにした挙げ句に
筆者宅で暴力事件を起こしたのですから筆者としては許すわけにはいきません。
そしてこの事件の直後に東京都は筆者宅の裏側に田無特別支援学校の建設
工事を強行し、筆者一家の住環境を破壊することで迫害を行ったことから筆者の
亡き父は某社の社長さんから現金で100万円を借用して新宿へ移転せざるを
得ない事態になり、この借金も返せないまま亡くなったのも事実であります。
そして、この西東京市の市長は児相問題でおなじみの人物が市長を務める
という異常ぶりであり、この町は暴力と虐待が横行する治安の悪い町になって
いるのも事実であります。

筆者・編集部としましては東京都に対してスーパー問題職員YAの早期懲戒
免職を求めると同時に卒業アルバムの全冊回収再発行と謝罪と補償を求めて
いく方針には変わりありません。

リメンバー田無 田無での暴力事件を忘れるな2015年キャンペーンについて
筆者・編集部のアピールを表明させて頂きます。

東京都はスーパー問題職員YAを即刻、
               懲戒免職にせよ!

スーパー問題職員YAが誠明学園で行った
児童・生徒への暴力と虐待について謝罪と
補償をせよ!

萩山実務学校を施設職員と児相職員の
逃げ場所に使用するのを即刻、中止せよ!



リメンバー田無 田無での暴力事件を忘れるな2015年のアピール
として採択させて頂きます。

施設内暴力と虐待を撲滅するためにも本キャンペーンを通して
世論に訴える活動を続けて参りますのでご賛同賜りますよう
お願い申し上げます。




関連記事

2015/10/17(土) | スーパー問題職員YA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1365-d0162369
 |  HOME  |