業界スコープ

【ここは自衛隊なのか?】307中隊の奇人変人の実態(平成3年)

自衛隊生活も進むにつれ、様々なことを見てきました。
ですが、自衛隊という性格上、様々な地域から年齢もバラバラに
集まってきますので様々な人がいた事を覚えております。

奇人・変人の数々
中隊事務所
S二曹
夜勤の暇つぶしなのか、早朝からファミコンに興じる事がことから
他隊員の間では「ファミコン二曹」と呼ばれていたことを覚えております。
ですが、このウワサ話を筆者と周りでしていたのですが、本人が通りがかっ
て聞こえてしまったために筆者が耳をつねられるという被害に遭いました。

医務室
N二曹
常に愛用のレインバンのサングラスをかけているのが特徴で、隊員と接する
際の態度がぶっきらぼうで荒っぽい面があったため、「893医務官」と
呼ばれていたのは事実です。

外部嘱託医
某医院の医院長
893医務官とは反対の性格で普通に隊員に接するが、高齢のせいか、
手が振るえていることが多く、隊員からは「プルプル」と呼ばれていた。

2ptW班
D3曹
小柄な班長ですが、体力の面は空挺レンジャーに所属している関係から
すごかったが、時折、班内に台風(自衛隊の業界用語 隊員を戒めさせるために部屋を
メチャクチャに荒らすこと)
が吹くことがあり、班員を悩ませた事を覚えております。
ですが、筆者はこの班長から「ドラえもん」というあだ名をつけられた事を
覚えております。

1ptA班H
一人で生活することができないせいか、他隊員の手を焼かせたことから
「H名誉会長」と呼ばれていた。

2ptX班Y(AB型)
筆者と同じ募集事務所から来た人物なのですが、最初は周りに
怖い人という事で通っておりましたが、時間が経つにつれ、大胆な事を
発言したことで周りがギャとなった事を覚えております。
それはと云いますと、
「僕は毎日、〇〇〇〇をコキます。
        10時になるとベッドがガタガタ揺れます」

しかも、この発言ですが、2~3人位の内輪であればよくある冗談で済むの
ですが、事もあろう事に本人は50人以上の人が集まっている場で堂々と
大声でこの発言をしたことから筆者は驚愕させられたのも事実です。
この事もあり、筆者は以後、初めて会う人に防衛のため血液型チェックを
することがクセになったのは云うまでもありませんが、筆者自身もAB型+
O型の構成で生まれましたが、未だにAB型によるとんでもない恐怖
感じているのも事実であります。(ちなみに筆者はA型です)

2ptX班M(O型)
体力には優れていたが、Yのベッドの下であったことからよく筆者に
「2万円くれたら、おし〇ぶ〇してあげるよ」という事を云っていた事を
覚えております。
この発言に筆者は「自衛隊にも〇〇がいるのか!?」と驚愕させられたのは
事実でありますが、本人は最終的には隊から体力徽章を授与された事を
覚えております。

体力徽章
体力徽章とは、体力検定において優秀と認められた者に対して駐屯地指令や大隊の
隊長等の上官から授与される徽章です。
徽章はこの体力徽章の他に様々なものがあり、制服着用時には徽章を受けた者は徽章を
装着する決まりになっております。
徽章の種類はこちらでご覧下さい。(千葉地方連絡部本部オフィシャルHPより)
自衛官服装規則<昭和32年・PDF形式>


3ptz班A
筆者より背が小さいが、暴走族でCBX400を乗っていたことを自慢していた事を
覚えておりますが、シンナー乱用歴があったせいか、班長たちも警戒していた
ことを覚えております。
このことからか「ジャンキー君」と呼ばれていました。

これらの過激な要素を持つ人物に囲まれた筆者でありますが、驚愕の実態を
後に見ることになったのは云うまでもありませんでした。
この驚愕のモンスターと云うべき奇人変人がいる中での隊舎の中で暮らす事に
なったのは云うまでもありませんが、筆者としましてはこの先どうなるのか不安を
覚えたのは事実であります。


関連記事

2014/08/13(水) | 仕事/公務編 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1320-384d58ea
 |  HOME  |