業界スコープ

【情けない30代】傍若無人な荻原瞬と関係者の実態

平成24年11月4日に発生しました長野県佐久市のコンビニエンスストア
駐車場における筆者に対する一連のチンピラ事件
ですが、未だに謝罪も
なく佐久警察共々逃げ回っておりますが、某掲示板では加害者の
荻原瞬の傍若無人ぶりが問題になっております。

主犯のシーマの男 一連のチンピラ事件加害者の荻原瞬です

某掲示板の情報によりますと、荻原瞬は事もあろう事に自動車教習所の
教習車に対して悪質な煽り行為を行い、佐久市内の教習所間で荻原瞬
氏名や車両情報と併せて注意を呼びかける通達が出回っている情報もあり、
相変わらず煽り等の危険運転を繰り返している事が窺えます。

教習車例 教習車の例です。

この情報を聞いた瞬間、筆者としましては何も罪のない教習車を煽り、
教習生の安全を脅かす脅威と化している荻原瞬から公安委員会は
運転免許を取り上げるべきだと思います。
それこそが道路交通法が定める安全な社会の形成だと思います。

この問題だけでなく、某掲示板には荻原瞬を巡る一連の問題として
金銭貸借での踏み倒しやたかりなども書かれており、各方面で
問題になっているばかりでなく、子供もいて30歳を過ぎた大人が
このようなことをしている訳ですから情けないの一言に尽きるかと
思います。
それだけでなく、荻原瞬は事もあろうことにコンビニエンスストアに
ペットの犬を持ち込み写真をFacebookにアップロードしている事が
この度判明しました。

店内ペット暴挙 荻原瞬によるコンビニ店内における暴挙

現在、上記写真のリンク先である問題のFacebookのページを消して遁走しておりますが、
当編集部において削除前の画面を押さえてありますので消してもムダです。


荻原瞬Facebookの問題ページ
問題の荻原瞬のFacebook上でのページ削除前の画面キャプチャーです。
この画像には事件の共犯者の氏名とコメントも書き込まれております。
画像をクリックすると、大きな画面でご覧頂けます。


この写真をご覧頂きますとお分かり頂けるかと思いますが、
コンビニのレジ台の上にペットの犬を買い物かごに入れて
いるという考えられない模様が写されております。
この写真を撮影した萩原瞬と云い、同伴していた女は佐久市内で風俗系
飲食店
経営する女だという事ですが、自身もお店でお客様に飲食物を
提供しているにも関わらず他人の店だから何をやっても良いという考え
には呆れたのは事実であります。
そして、コンビニにしろ、飲食店にしろ飲食物を扱う場所に盲導犬や
介助犬等の使役犬を除くペットを裸の状態で持ち込むというのは
食品衛生の観点から許されないという事は小学生でもわかるはずで
ありますが、この関係者の飲食店経営者は小学生でもわかる常識が
分からないのかと呆れたのは事実であります。

これらの情けないシーン等を見ておりますと、大の大人が小学生以下
のことをしているのですから呆れ返ったのも事実でありますが、30歳の
年齢の重さについて考えて頂きたいと思いますが、いい加減に荻原瞬は
一連の事件や問題について大人らしく処理を行って頂きたいかと思います。

大の大人のみっともない無様な傍若無人ぶりに呆れた筆者でした。


関連記事

2015/03/30(月) | 長野県佐久市荻原瞬問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1310-5be8226f
 |  HOME  |