業界スコープ

【埼玉県の最低賃金は802円】ワイエムエス企画株式会社による最低賃金法違反が発覚しました

先日のことですが、ある労働者の方からワイエムエス企画株式会社
代表者であります坂手國徳が労働者を二重派遣の上で無許可で
看板持ちをしていることをお伝えしましたが、さらにとんでもない
情報が寄せられました。

美女木交差点 坂手國徳による違法看板持ちの例(筆者撮影)

                       無許可看板1修正


それは最低賃金法を無視して最低賃金以下で労働者に
労働をさせる
というものです。
労働者も会社も埼玉県内ですので埼玉県が定める最低賃金802円
となっておりますが、坂手國徳は法令を無視して時給換算で800円しか
支払っていないのであります。(労働者の賃金4800円÷6時間=時給800円)

最低賃金・埼玉26年
埼玉労働局が発表した26年度最低賃金告知PDFより
10月1日に発効した26年度の埼玉県の最低賃金は802円です。
一人1時間当たりの時給に対して2円不足しておりますので最低賃金法に反しております。

たった2円かと坂手國徳はタカをくくっているようでありますが、最低賃金を
バカにしてかかりますと(最低賃金法4条)、法律は厳しい裁きを下す(最低賃金法
40条・50万円以下の罰金)
ようになっていることを知らないようでありますが、
更に付け加えますと職業安定法労働者派遣法にも反して特定派遣許可を
受けた会社に対して違法な労働者供給事業を行っており、違法行為の
オンパレードでしかないのは云うまでもありません。
未だに一連の川口市での工事で使った材料・機器代金と親方の賃金を
未だに支払うことなく逃げ回っている坂手國徳の株式会社ごっこが
いつまでも許されないのは云うまでもありませんが、いい加減に違法の
オンパレードをやめ、材料店と親方と労働者に賃金を支払って清算を
行い、迷惑をかけた労働者や筆者・編集部に謝罪するのが筋で
あります。
いい加減にしろ!!という言葉しか見当たらないのも事実であります。





法条文等
最低賃金法

最低賃金額)
第3条 最低賃金額(最低賃金において定める賃金の額をいう。以下同じ。)は、
     時間によつて定めるものとする。

最低賃金の効力)
第4条 使用者は、最低賃金の適用を受ける労働者に対し、その最低賃金額以上の
     賃金を支払わなければならない。

  2  最低賃金の適用を受ける労働者と使用者との間の労働契約で、最低賃金額に
     達しない賃金を定めるものは、その部分については無効とする。
     この場合において、無効となつた部分は、最低賃金と同様の定をしたものと
     みなす。

  3 次に掲げる賃金は、前2項に規定する賃金に算入しない。
    一 1月をこえない期間ごとに支払われる賃金以外の賃金で厚生労働省令で
       定めるもの
    二 通常の労働時間又は労働日の賃金以外の賃金で厚生労働省令で定めるもの
    三 当該最低賃金において算入しないことを定める賃金

  4 第1項及び第2項の規定は、労働者がその都合により所定労働時間若しくは
    所定労働日の労働をしなかつた場合又は使用者が正当な理由により労働者に
    所定労働時間若しくは所定労働日の労働をさせなかつた場合において、
    労働しなかつた時間又は日に対応する限度で賃金を支払わないことを妨げる
    ものてはない。


罰則

第40条 第4条第1項の規定に違反した者(地域別最低賃金及び船員に適用される
      特定最低賃金に係るものに限る。)は、50万円以下の罰金に処する。



職業安定法
(労働者供給事業の禁止)
第四十四条  何人も、次条に規定する場合を除くほか、労働者供給事業を行い、
         又はその労働者供給事業を行う者から供給される労働者を自らの
         指揮命令の下に労働させてはならない。


罰則

第六十四条  次の各号のいずれかに該当する者は、これを一年以下の懲役又は
         百万円以下の罰金に処する。
 
        一   第三十条第一項の規定に違反した者

      一の二  偽りその他不正の行為により、第三十条第一項の許可、第三十二条の
            六第二項(第三十三条第四項において準用する場合を含む。)の規定に
            よる許可の有効期間の更新、第三十三条第一項の許可、第三十六条
            第一項の許可又は第四十五条の許可を受けた者

         二  第三十二条の九第二項(第三十三条第四項、第三十三条の二
            第七項及び第三十三条の三第二項において準用する場合を含む。)の
            規定による事業の停止の命令に違反した者

         三  第三十二条の十(第三十三条第四項、第三十三条の二第七項及び
            第三十三条の三第二項において準用する場合を含む。)の規定に
            違反した者

         四  第三十二条の十一第一項の規定に違反した者

         五  第三十三条第一項の規定に違反した者

         六  第三十三条の三第二項において準用する第三十二条の九第一項の
            規定による事業の廃止の命令に違反した者

         七  第三十六条第一項の規定に違反した者

         八  第四十一条第一項(第四十六条において準用する場合を含む。)の
            規定による労働者の募集の業務若しくは労働者供給事業の停止又は
            第四十一条第二項の規定による労働者の募集の業務の廃止若しくは
            停止の命令に違反した者

         九  第四十四条の規定に違反した者



労働者派遣業法

(一般労働者派遣事業の許可)
第五条  一般労働者派遣事業を行おうとする者は、厚生労働大臣の許可を
      受けなければならない。

(名義貸しの禁止)
第十五条  一般派遣元事業主は、自己の名義をもつて、他人に一般労働者
        派遣事業を行わせてはならない。

(特定労働者派遣事業の届出)
第十六条  特定労働者派遣事業を行おうとする者は、第五条第二項各号に掲げる
       事項を記載した届出書を厚生労働大臣に提出しなければならない。
       この場合において、同項第三号中「一般労働者派遣事業」とあるのは、
      「特定労働者派遣事業」とする。

(名義貸しの禁止)
第二十二条  特定派遣元事業主は、自己の名義をもつて、他人に特定労働者
         派遣事業を行わせてはならない。


罰則

第五十九条  次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は
         百万円以下の罰金に処する。

       一  第四条第一項又は第十五条の規定に違反した者

       二  第五条第一項の許可を受けないで一般労働者派遣事業を行つた者

       三  偽りその他不正の行為により第五条第一項の許可又は第十条第二項の
          規定による許可の有効期間の更新を受けた者

       四  第十四条第二項又は第二十一条の規定による処分に違反した者

第六十条  次の各号のいずれかに該当する者は、六月以下の懲役又は三十万円
       以下の罰金に処する。

       一  第十六条第一項に規定する届出書を提出しないで特定労働者派遣事業を
          行つた者

       二  第二十二条又は第四十九条の三第二項の規定に違反した者

       三  第四十九条の規定による処分に違反した者

第六十一条  次の各号のいずれかに該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。
      
       一  第五条第二項(第十条第五項において準用する場合を含む。)に規定する
          申請書、第五条第三項(第十条第五項において準用する場合を含む。)に
          規定する書類、第十六条第一項に規定する届出書又は同条第二項に
          規定する書類に虚偽の記載をして提出した者

       二  第十一条第一項、第十三条第一項、第十九条第一項、第二十条若しくは
          第二十三条第四項の規定による届出をせず、若しくは虚偽の届出をし、
          又は第十一条第一項若しくは第十九条第一項に規定する書類に虚偽の
          記載をして提出した者

       三  第三十四条、第三十五条の二第一項、第三十六条、第三十七条、
          第四十一条又は第四十二条の規定に違反した者

       四  第三十五条の規定による通知をせず、又は虚偽の通知をした者

       五  第五十条の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をした者

       六  第五十一条第一項の規定による立入り若しくは検査を拒み、妨げ、
         若しくは忌避し、又は質問に対して答弁をせず、若しくは虚偽の陳述を
         した者

第六十二条  法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、
         その法人又は人の業務に関して、第五十八条から前条までの違反行為を
         したときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、各本条の
         罰金刑を科する。


関連記事

2014/11/06(木) | ワイエムエス企画問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1275-29961790
 |  HOME  |