業界スコープ

【自衛隊の職業病】暴露本の記述が現実のものになりました

先日の記事で自衛隊の暴露本のことについて書きましたが、
とうとう、筆者自身の身をもって現実化するとは思ってもいませんでした。

それはといいますと水虫であります。

暴露本の記事で水虫を風呂場で移されるということが書かれておりましたが、
筆者自身も水虫に感染するとは思ってもいなかったのは事実であります。
巷では「自衛隊の勲章」「自衛官の証」等と呼ばれてはおりますが、
筆者の場合、同時にイ◯キ◯までセットでついてくる有様だったので
あります。
その痒さ(かゆさ)と言ったら並大抵のものではなく、気が狂いそうに
なるくらいの強烈な痒さであったことを覚えております。
そして、医務室に駆け込む事になりましたが、この医務室は恐怖の
医務室と呼ばれていたのは事実であります。
それはと云いますと、医務官のNO2曹はサングラスをかけ、893さながらの
風貌と無愛想な対応から隊員たちの間では893医務官と呼ばれていたことを
覚えております。
そして、外部委託の医師は年齢が年齢であり、プルプルしていたことから
2人合わせて「プルプル893」と呼ばれていたのは事実であります。
そしてこの893医務官は筆者に「水虫薬を塗れ!」と言いました。
そして、中隊に戻ってきますと、助班長のON3曹はどこからとなく
自衛隊オリジナルの水虫薬を筆者に差し出してくれました。
そして筆者はこの薬を塗り、イ◯キ◯の部分にはPXで仕入れたムヒを
塗り痒さをしのいだのは言うまでもありません。
そして自衛隊を去ってから20年以上になりますが、時折、水虫が突如に
勃発しては薬を縫って直りを繰り返しているのは事実ですが、
あの時以来、薬用石鹸のミューズは筆者にとっては欠かせないアイテムと
なっております。

死ぬまで水虫と付き合うのか!?と悩む筆者ではありますが、
防衛庁(現・防衛省)には他隊員と併せて水虫について公務災害として認定し、
補償をしてもらいたいと思っているのは事実ですが、
現実はと云えば梨の礫であるのは云うまでもありません。

水虫よ!筆者から消え去れ!と思う筆者の気持ちです。



関連記事

2014/08/26(火) | 仕事/公務編 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1249-09cc72d4
 |  HOME  |