業界スコープ

当時の日課について

筆者が自衛隊にいた当時の日課は以下の通りだったことを覚えております。

一日の日課例

0600(マルロクマルマル)起床<休日は0700(マルナナマルマル)>
0630(マルロクサンマル)朝食
0800(マルハチマルマル)国旗掲揚・稼業開始(午前)
1200(ヒトニイマルマル)昼食
1300(ヒトサンマルマル)稼業開始(午後)
1700(ヒトナナマルマル)稼業終了・国旗降下
2140(ニイヒトヨンマル)日夕点呼
2200(ニイニイマルマル)消灯・就寝
※自衛隊の業界(陸・海・空)では時刻の表記に時分の間にはピリオドは省略され()内の言葉で時刻を表します。

どうしてこのような形で時刻を表記をするのかと云いますと、電話や無線等で
普通に話すと聞き取りにくい時があり、相手に時刻を伝える際に間違った時刻で
通ってしまう危険があり、自衛隊独自の言い回しの表記となっております。
これらの言い回しですが、自衛隊を除隊した後にリサイクルの商売でも社長が
国際電報を打つ際にも電話でよく国名を並べて電文(スペル)をオペレーターに
伝える事をしていたことから一種の業界用語が存在するのは云うまでも
ありませんが、筆者だけでなく、時刻の表記はカッコ内の表記を叩きこまれた
のは事実です。

この日課で行う事は0600から0800の間に起床から食事をして身支度を
整え、0800の稼業開始前には(概ね0750)位には営庭に整列し、国旗掲揚に
備えます。
そして、0800になりますと、号令のラッパが流れると同時に国旗が設置されて
います方向に向き、国歌が流れます。
国旗が上がりますと、国旗に敬礼をして一日の安全を祈願します。
国旗掲揚が終わりますと、中隊長等から講話があります。
これらの事が済みますと、稼業の時間に入ります。
この稼業の時間には座学や行進の訓練等が行われます。

お昼になりますと、一斉に食堂へGO!となり、午後の稼業の準備を行います。

午後からは、体力養成のための体育の授業や行進の練習だったり、
戦闘訓練等が行われます。

そして1700には国旗降下が行われますが、朝と同様に国旗に向かって
整列し、国旗が降りると同時に敬礼が行われ、一日の稼業が終了します。
そして、1700以降、食事と入浴や娯楽の時間となりますが、詳しくは後に
説明させて頂きたいかと思います。
2140には人員点呼が行われ、2200には消灯し。就寝となります。
これらの繰り返しの日課の中で筆者は、過ごしたわけでありますが、
様々な事が起きたのは事実であります。

関連記事

2014/08/20(水) | 仕事/公務編 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1245-a40f8a2b
 |  HOME  |