業界スコープ

【賃金未払い】未だに賃金を踏み倒し続けるワイエムエス企画株式会社坂手國徳の実態【法人が法テラスで扶助?】

今年2月に埼玉県内の労働者の一名が横領された賃金の支払いを求めて
内容証明郵便で請求書を発送しましたが、相変わらずワイエムエス企画
株式会社の代表者であります坂手國徳は「横領した鈴木賢治からもらえ」
だの「儲かったら払ってやる」などの難癖をつけて逃げ回っているのは
事実であります。
筆者がつかんでいるだけでもワイエムエス企画株式会社が支払うべき不払い
債権は以下の通りになります。

現在判明している不払い債権一覧<法定損害金・利息・手数料等含まず>
 平成24年12月買掛金(材料店)470,000円
 平成24年12月賃金(親方)※※300,000円
 平成26年2月賃金(労働者)※※※30,000円
                     不払い債権合計 800,000円

※材料店の債権金額は坂手國徳が平成25年1月の埼玉土建さいたま北支部の親方への賃金不払い問題の
 呼び出し時に坂手國徳が発言した機器・部材・工具等の材料店との買掛金の総合計770,000円から
 平成24年12月3日の機器・部材・工具等受け取り時に店頭で支払った頭金200,000円(現金・筆者を
 含む第三者目撃証人3名あり)と平成25年2月末に店頭で坂手國徳が支払った100,000円(現金・材料店
 社長と親方の証言あり)を差し引いた合計金額です。


※※親方が請求書で請求している金額

※※※労働者が内容証明郵便で請求した金額

これらの債権金額は筆者が把握している金額であり、他の債権者(労働者も含む)が
加わりますと更に金額は増えます。


そして坂手國徳の大きな資産であります建物と土地を調査したところ、
建物・土地にそれぞれに合計1,000万円の根抵当権が金銭消費貸借契約の
名目で金融機関から設定されていることも判明しております。

坂手國徳不動産登記簿です。(抜粋)
土地表紙土地根抵当
建物表紙建物根抵当
裏表紙_共通土地・建物それぞれに根抵当が設定されて
いることがお分かり頂けるかと思います。
サムネイルをクリックすると、大きな画像で
ご覧頂けます。

判明している不動産以外の借財も入れますと、債務金額は更に増えます。

これらの債権や債務の状況を見ておりますと、坂手國徳の放漫経営の
実態が見えてくるのは言うまでもありません。
そしてこの不動産を担保にして金融機関から借り入れた1,000万円近い
借財の使い道も??であるのは事実でありますが、これらの借財の返済の
ために労働者賃金や材料店との買掛金を踏み倒すことは絶対に許されない
のは言うまでもありません。
最近ですが、坂手國徳はこれらの不払い債権を支払った等とウソをついて
いることが第三者の証言でも明らかになっております。
そして坂手國徳は筆者に対して法テラスの弁護士を使ってやる等と第三者に
ほざいているそうでありますが、法人が法テラスから扶助を受けようと
している段階で茶番劇でしかなく、坂手國徳の法テラスでの扶助の意味が
分かっていないのは言うまでもありません。

呆れた!の一言に尽きるかと思います。





関連記事

2014/07/17(木) | ワイエムエス企画問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1226-9b734465
 |  HOME  |