業界スコープ

【企業舎弟】ネット工作員の実態【暴力団!?】

前回の記事でお伝えしましたネット工作員によるGoogle上での順位操作に
よる妨害ですが、被害状況等を調べてみますと未だに平成24年の筆者に
対するチンピラ絡み事件の記事
に対して依然として妨害活動が行われて
いることを確認しております。
これらのネット工作員は「誹謗中傷対策」「あなたのお店の宣伝」
SEO対策」「情報処理SE」等の看板を掲げておりますが、
これらの業者の中には暴力団関係者が関与しているのは事実であり、
暴力団の資金源に(いわゆる企業舎弟)なっているのも事実であります。
今回のGoogle上での順位操作には加害者のとその周囲にいる者が
関与しているのは事実であり、ネット上での公正な競争を妨げている
のは言うまでもありません。
そしてこれらの企業舎弟は表では情報処理SEの看板を掲げて正業を
営んでいるように偽装しているのは事実でありますので、コンプライ
アンスの点から考えますと問題があるのは事実でありますので、
大手だから・実績があるから安心という考えは捨てて頂き、元請けや
下請け等にこういったネット工作等のおかしげな事をしている業者との
縁を断ち切る必要があるのは言うまでもありません。

当編集部では暴力団との関わりは一切なく、コンプライアンスについて
厳守しているのは言うまでもありませんが、おかしげな名前の情報処理
等の業者につきましては監視を強化していく所存であり、ネット工作等を
行った事実が判明した業者につきましては損害賠償も辞さない考えで
ありますので、サーチエンジン等への不正な順位操作はご遠慮頂きたい
かと思います。




関連記事

2014/06/29(日) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1216-5a6b5432
 |  HOME  |