業界スコープ

全く変わろうとしない誠明学園について

先日のことでありますが、ある方が誠明学園に対して電話をかけた
というご連絡を頂いております。
その方のお話によりますと、誠明学園の職員は生徒に対する暴力や
虐待を行っているのかと言うことと、当サイトを含む情報は確かなのか
ということを質問したそうでありますが、応対に出た管理課長田口正治
いう課長はこれらの質問に対して「過去から現在に至るまで、誠明学園
では生徒に対する職員による暴力や虐待はない」と答えたそうであります。
このやりとりの話からして、誠明学園は相変わらずこれらの事実を
とぼけ逃げ回っているのは事実であります。
ですが、国会の議事録やマスコミの報道や田無事件の録音テープや書類、
被害者・目撃者の証言は真実であり、逃げ通せないのは事実であります。
そしてこの管理課長の田口は当サイトを閲覧していることを問い合わせ者
に対して答えていることからコソコソ当サイトを閲覧して違法な閲覧による
情報収集活動をしていることは明白であり、東京都と云い、誠明学園と云い、
昭和の時代からの悪い伝統から脱却しようという向上心が全くないと言っても
過言ではないのは事実であります。
先日の30週年の記事でも書きましたが、誠明学園輩出した問題職員
今現在においても児童相談所や萩山実務学校等の施設でのさばって様々な
悪事を起こし、一部では裁判沙汰になっている現状からして変わろうとしない
誠明学園の現状を見ますと、筆者としましては呆れるばかりで言葉が出ない
のは事実であります。

いい加減にこれだけ世間から非難の声が挙がっている現状からして誠明学園の
存在意義は何なのかという事を東京都を始め、誠明学園だけでなく、児童自立
支援施設の業界は考えるべきであるのは言うまでもありません。



関連記事

2014/03/21(金) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1181-6d184e3f
 |  HOME  |