業界スコープ

突然の倒産と事務所占拠(平成3年)

平成3年2月20日、事態は最悪の状況を迎えました。
それは倒産です。
この日、筆者はお昼を終えて会社に戻っておりましたが、午後になり、
突如、いかにもそれらしい男数人が会社にやって来ました。
そして事務所を閉鎖すると言い出しました。
この事態に筆者の父は「原稿などをお客様へ返却して来て」と言い、
喫茶店へ行く前に筆者に「何かあると困るので、サイフを家に持って行け」
と言いました。
そして筆者は急いで原稿等をかばんに詰め込んで印刷会社に向かいました。
そして、筆者の父か関係者が連絡を回してありましたので受け渡しは
スムーズにいきましたが、筆者は印刷会社の課長クラス等の方から
何が起きたんだということを質問されました。
そして原稿の返却が終わると急いで私物等をまとめて自宅へ戻りました。
そして従業員だったMさんも筆者宅に来て、今後どうするかという事を
話した事を覚えております。
そして、事務所は男たちの手で占拠されました。
誠明学園を卒業して3年を迎えようとしていた矢先の倒産という事態を
迎え、頭を抱えることになろうとは思ってもいなかったのは事実です。
そして、この倒産が筆者にとって波乱の人生の始まりになろうとは
思ってもいなかったのは事実であり、様々な経験をすることになろうとは
思ってもいませんでした。



関連記事

2014/02/20(木) | 仕事/公務編 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1174-699b4c9f
 |  HOME  |