業界スコープ

覆面トラックが故障しました(日野レンジャー)

先日の記事でお伝えしました覆面トラック日野レンジャーですが、
年始早々からエンジントラブルが発生しました。
三ヶ日の3日という日本全国がお正月休みという時に事件は起きました。

故障発見のきっかけですが、埼玉県の某所の入口の門をくぐった瞬間に
運転席のメーターパネルにありますディスプレイから突如赤い表示で
「エンジン油圧低下」
「ただちに、安全な場所に停車して下さい」

運転席
警告表示ディスプレイはご覧の写真の上部中央にあります。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。



と言う警告表示と同時にブザーが鳴りました。

最近、覆面トラックがエラー表示を出しており、調子が悪いなぁと思っており、
3ヶ月点検から20,000Km以上走行しており、上司(と言っても専務ですが)と
そろそろオイル交換をしなくてはと言うことを話していたのです。
年末にかけて覆面トラックのディスプレイには「ABSセンサー異常」などの
表示が頻繁に出ておりましたので、都度、エラーが出る度にエンジンを
一旦停止させて様子を見ておりましたが、今回の警告はなにかあるなぁと
言う悪い予感がしましたので荷物を下ろしてからオイルをレベルゲージで
点検したところ、底をつく状態だったのです。
この車にはDPFがついており、これだけの距離を走っているにも関わらず
通常ではオイルが増えるオイルに燃料が混ざる・DPF付き特有の現象はずなのに
オイルが減っているということは何かトラブルがあるなぁということで
筆者はキャブを上げて点検をしたところ、とんでもない事実を発見して
しまいました。

エンジン全体
覆面トラックのキャブを上げたところ
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


点検を始めたところ、左フロントフレームにオイルが大量付着していることを
発見しました。

漏れたオイル
オイルが漏れ、オイルが大量に左フロントフレームに付着しております。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


そして、漏れた箇所を調べてみますと何とインタークーラから
インジェクションのin側のパイプでオイルが漏れていることを発見
しました。

故障箇所拡大  
オイルダダ漏れ状態のインタークーラのin側のパイプ
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


この故障ですが、J05型エンジンを搭載したモデルに多い故障という
情報が寄せられておりますのでご注意頂きたいかと思います。

この故障のおかげで、筆者はオイルを補充した上で車両を交換して次の仕事を
行いましたが、何と、モデルチェンジをしたばかりのUDコンドルを運転すること
になるとは思ってもいませんでした。
試乗インプレッションは後日、書くことにしたいかと思います。



関連記事

2014/01/09(木) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1157-d982ad7c
 |  HOME  |