業界スコープ

【週末に潜む危険】週末の運転にはご注意下さい

本日午前のことですが、筆者は覆面トラックで某公共物の運搬の仕事を
しておりました。
お客様より高速道路で移動せよという指示が出ておりましたので、高速道路
乗ろうとした際に軽乗用車に接触されるという事故が発生しました。

事故現場
事故現場の模様
事故当事者及び他車両のプライバシー保護のため、画像に修正を施してあります。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


キャブ破損 側面破損
今回の事故で破損した筆者の覆面トラック(三菱ふそうファイター ゲートウイング仕様)
事故当事者のプライバシー保護のため、画像に修正を施してあります。
それぞれの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。



周辺図
事故現場の概略図
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


この事故ですが、どのようにして起きたのかを説明しますと、
筆者が高速道路に乗るために青信号を直進で交差点に進入した際に、
隣の車線にいた軽乗用車が進路を間違えたのか、いきなり右へハンドルを
切って進行しようとした事が原因です。
運転していたのはご年配のご夫婦のご主人でしたが、ナンバーを見ますと
地方のナンバーであり、地理や他地域での運転に不慣れであった事と
交通法規の規制を見落として無理に右折しようとした事に加えて、
服装からして行事に参加するために急いでいた事も重なったことが
原因ではと思われます。

この事故ですが、筆者と接触しただけでは済まなかったのも事実です。
筆者と接触したために、右前輪が破損しておりましたので、筆者は、
ご年配のご夫婦に対して二次事故を防止するために車から降りて
安全な場所へ避難するように促しました。
ところが、ご年配のご主人は車が他の通行の邪魔になると思い、
無理やりエンジンを掛けて車を発進させたところ、ブレーキが故障して
いたために、ガードレールにぶつかってしまったのです。

二次事故
二次事故の模様
ブレーキが事故で故障しているにも関わらず無理にエンジンをかけて走行したため、
ガードレールに衝突しました。
幸いなことに人を巻き込まなかったのが不幸中の幸いであったのは事実であります。
事故当事者及び他車両のプライバシー保護のため、画像に修正を施してあります。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


この模様を筆者は見ておりましたが、仮に人が近くにいたら大惨事に
なりかねない事を改めて認識させられたのは事実でありますので、
皆様にお願いでありますが、今回のように車両が大破する事故を起こした
場合、ブレーキやハンドル等の舵取り装置が事故で故障している可能性が
ありますので、エンジンをかけての事故車両の移動は絶対に行わない
ようにお願いします。

そして、事故車両が通行の邪魔になる場合は、周りの人の手を借りて車両を
数人で押すか、トラック等で引っ張るなどの方法で移動をするように
お願いします。
そして、二次事故防止のため、ハザードを点灯して事故車両内にとどまらず、
安全な場所への避難
をお願いします。

今回の事故ですが、筆者は改めて週末の運転について考えさせられたのは事実です。
読者の皆様には、週末や連休等の際には不慣れな運転をしている者がおりますので、
せっかくの休日を台無しにしないためにも、日頃からの防衛運転について考えてみる
必要があります。
今回は筆者でしたが、次は誰がこのような事故に合うかわかりませんので、
週末の運転には十分ご注意頂きたいかと思います。





関連記事

2013/05/19(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(1)

«  |  HOME  |  »

はるやま

『No title』

道路状況を確認すると加害者側の通行区分違反が原因ですね。道路を間違えたらそのまま進み安全な場所で停車して経路確認することが大切であると思いました。

2013/06/08(土) 08:26:15 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1094-6a3436ed
 |  HOME  |