業界スコープ

【驚愕の】あの墨田児相が江東区へ移転します【移転】

業界レーダーでもお伝えしました当ブロググループに対する誹謗中傷や
児童の拉致等で悪名高き墨田児童相談所がこの度、江東区枝川3丁目移転して
4月30日から業務を始めると東京都福祉保健局が公報において発表しました。

児相建物
これが噂の江東児童相談所です。(掲載の写真は全て筆者撮影)
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


住所
住所表示です。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


ところが、この移転ですが、様々な問題を生み出しているのは事実であります。
それはと言いますと児相周辺に幼稚園や保育園や小学校が至近距離に隣接して
いることが問題なのであります。
保護者の方の目からすれば学校等の前に風俗営業が出来るより始末の悪い子どもの
拉致等で子どもの安全を脅かす脅威が出現したことを意味するものであり、地域に
恐怖と治安の悪化を意味するものでしかないのは事実です。

魔の三角地帯図
枝川3丁目魔の三角地帯図
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


枝川小学校     枝川幼稚園     愛隣シャローム保育園
児相による拉致被害が懸念される魔の三角地帯にある枝川小学校 枝川幼稚園 愛隣シャローム保育園
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


この建物を見て筆者が印象に受けた事と言えば、塀の色が青色系であり、
まるで刑務所を連想させられたのは事実ですが、地域の皆様にしてみれば墨田の
札付きが上陸した事によって子どもの安全が児相によって脅かされる恐怖を
考えますと東京都福祉保健局による地域に対する脅威であり、幼稚園や保育所や
小学校から措置費や拉致報奨金稼ぎのエサを求めるが如しに子どもを拉致される
恐怖は地域だけでなく、子どもを持つ家庭からすれば並大抵のものではないかと
思います。

それだけでなく、移転と同時に子どもの拉致に使うためなのか軽自動車を導入したり、
建物の周囲には360度屋外を監視できるカメラやカメラつきインターホンも導入する
徹底ぶりに筆者は驚かされたのも事実であります。

カメラ  公用車  カメラインターホン
左:360度監視カメラ 中:公用軽自動車 右:カメラつきインターホン
それぞれの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


墨田時代のように江東児相が江東区を軸に暴走を始める恐怖は被害者になる前に
阻止する観点から筆者及び編集部からのお願いとしましては、保護者の皆様には
江東児相による子どもの拉致の対策についてご家庭はもとより、地域の皆様で
団結して児相による拉致被害や施設内暴力と虐待被害者をこれ以上増やさない事に
ついて話し合いの場を持ち、児相の暴走に地域でNO!という声を上げて団結する
べきかと思います。


関連記事

2013/04/28(日) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1088-e7289787
 |  HOME  |