業界スコープ

ワイエムエス企画株式会社の違法派遣を斬る

先日のキャンペーンでは、ワイエムエス企画株式会社の無許可及び違法営業の
実態が明らかになりましたが、今回は違法派遣の実態を明らかにしたいかと
思います。

違法派遣のシステム
指揮くり抜き
ワイエムエス企画株式会社違法派遣の指揮系統図
画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


図をご覧頂きますと、違法派遣の図式がお分かり頂けるかと思いますが、
ワイエムエス企画株式会社の代表者である坂手國徳を軸に三角関係の派遣
システムが構築されているのは事実であります。
そして坂手國徳は厚生労働大臣の人材派遣の許可を得ていないにも関わらず
人材を集めるために埼玉土建の求人広告や人づてや無料低額宿泊所等を
回って(営業とも言います)人集めをしていることを複数の証言によって確認を
しております。
これらの行為は労働者派遣法(35条の3、60条1項)や職業安定法 (44条、64
条の9)に触れる違法行為でしかありません。

違法な看板持ちの実態
看板持ち 写真はイメージです。

実を言いますと、路上において看板等を用いた宣伝を行うには現場の住所を
管轄する警察署長の道路使用許可(道路交通法77条)が必要となります。
この許可ですが、選挙等の宣伝カー等は許可を取った上で行っておりますが、
坂手國徳は許可を得ずにこれらの看板持ち等の宣伝を行っております。
実を言いますと、編集部ではこの坂手國徳による某所での看板持ちについて
現場の住所地を所轄する警察署の交通課に問い合わせをしたところ、複数の
住宅販売会社が道路使用許可を取っているとの話を聞きましたが、坂手國徳
話はなかったのは事実であり、坂手國徳道路使用許可を取らずにクライアント
の住宅販売会社の道路使用許可に隠れる形で看板持ちを実施していること事に
なりますので違法でしかないのは事実であります。
どこが違法なのかと言いますと、クライアントである住宅販売会社が道路使用
許可を取得して自社の社員に宣伝を行わせるのは問題はないのですが、
坂手國徳は外注業者でありますので、坂手國徳が請け負う際に道路使用許可
取得する必要があるのは言うまでもありません。
ですが、坂手國徳はこういった法的な手続きをしないで看板持ちを労働者に
行わせていることは以前の記事でも書きましたが、労働者に対して道路使用
許可の許可証のコピーすら渡していないことから労働者に違法行為を行わせて
いるのは事実です。
それどころか、労働者が看板をガードレール等にガムテープで看板を固定
するなどの違法行為も行われているという証言もありますが、これらの
行為は道路の占有という行為に当たりますので違法であります。
皆様がこういった看板持ち等を見かけた場合は、必ず道路使用許可証の
提示を求めて頂き、許可証を持っていない場合は違法ですので、
即、警察に110番通報(道路の無許可使用として)をお願いしたいかと思います。

看板持ちでも賃金未払いが発覚
カネに汚い坂手國徳の実態

カネの流れくり抜き
ワイエムエス企画株式会社の賃金の流れについて
画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


ご覧の図は看板持ちにおけるカネの流れについて図示したものです。
一般的な流れではありますが、ここでも坂手國徳は問題を起こしていた事が
編集部の取材によって判明しております。
編集部に寄せられた証言によりますと、坂手國徳は看板持ちの仕事において
筆者同様に難癖をつけて賃金の支払いを拒絶して逃げている事であります。
それも被害者は一人二人だけでなく、複数の被害者がいるとの証言もあり、
坂手國徳のカネの汚さには呆れたのは言うまでもありませんが、
更に坂手國徳は労働者の交通費さえも払わない割りに労働者から派遣業界の
相場で言われている原価の30%を超える高額な中間マージンを抜いていることも
判明しております。
通常の相場ですと(直で受けた)9,000円からの値段になるのですが、6時間の
短時間をいいことに労働者に4,800円から5,000円しか支払っていないのは
事実であり、中には8,000円で来てくれないかと言われた方もおり、
人によって原価から抜き取る中間マージンの値段を変えているのは複数の
第三者証言において確認をしております。
仮に顧客8,000円で労働者4,800円の支払いで5人を2日づつ4週で計算して
みますと(8000-4800)×5×(2×4)で128,000円になり、これに現場数を
掛けますと、(判明している現場数は5箇所)月にして、64万円からの売り上げに
なり、経費を引いてもかなりの利益が出ているのは事実です。
坂手國徳はそれだけでなく、労働者派遣法を逃れる目的なのか、賃金の
振込払いに際し、郵便貯金を利用して個人名で振込を行っていることも
複数の証言や預金通帳の物証によって明らかになっており、郵便貯金の
口座の振込システムを悪用した送金を(郵便貯金同士の場合、振込手数料無料になる)
行っているのも事実であります。

これらの事実が明らかになるにつれて坂手國徳は儲けを出すためには
労働者の賃金を踏み倒すだけでなく、高額な中間マージンを労働者から
搾取し、道路使用許可も取らない等の違法行為を労働者に行わせたりの
法令無視の放蕩三昧の限りを尽くしている実態からしてかつてのグッドウィル
連想させるのも事実です。
坂手國徳のカネの汚さと違法行為の数々に筆者は驚いたのは事実であり、
いい加減に未払い賃金を払えとしか言いようがないのも事実では
ありますが、いづれにしても世の中から淘汰されるのは時間の問題でしかない
のも事実であり、コンプライアンスが叫ばれている世の中で世間が法令違反
オンパレード会社(ブラック企業)を許さないのは事実であります。


関連記事

2013/04/16(火) | ワイエムエス企画問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1085-84aae39f
 |  HOME  |